Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
花菖蒲(25)
 なんとか無事に帰ってきました。予告通りアップします。
 留守中にも結構訪問者が多くなっていてびっくりしています。
 みなさんどうも訪問有難うございます。もうすぐ20000Hit
です。キリ番取った人はコメント残してくださいね。
 フラッシュは作るつもりでいますが、今週は作れそうな時間
がなさそうなのでアップはかなり先になりそうです。

 7月上旬のある日の夕刻ごろから、彼の呼吸は喘ぎ様となり
昇圧剤は極量まで使用していたが、血圧はすでに計れなくなっ
てきていた。6時すぎに手術を終えて覗きにきたときには一時
的に無呼吸になることもあり、その時がくるのは時間の問題
と思われた。奥様を外にお呼びしお話する。「今晩が山だと
思います。」「そうですか....。」「来られた方がよい方は
呼んでいただいた方がよいかもしれません。」「解りました。」
特に取り乱されることもなく淡々と奥様は答えた。
 残りの仕事をかたずけているとき、院内PHS(医療機器に障害
を与えない病院用の弱い電波のPHS)が鳴った。「先生、○○
さん、心拍数が40台になってます。呼吸もかなり弱くなってきて
います。」「わかりました。」作業を中断して彼の病室に向か
った。すでに彼の家族は揃っていた。脈拍はすでに触れない状
態であり、心電図のモニターに示されるすでに心拍を打ち出す
力を失った心臓の電気信号も完全に止まってしまいそうな様子
であった。奥様は涙ながらに最愛の夫に話しかけた。「あなた。
もう苦しまなくてもいいの。本当によく頑張ったと思うわ。
子供達もみんな独立して立派にやってるし、貴方のことを誇り
に思っているから。私たちのことは心配しなくていいの。だか
らもう苦しまなくていいのよ。私たちのために最後の最後まで
頑張って貴重な一緒の時間を作ってくれた有難う。貴方が本当
に最後まで私たちの為に頑張ってくれたことは私が一番わかっ
ているから...。本当に有難う....。」周りでは子供達がすすり
泣いていた。15で岩手からたった一人で見知らぬ東京へ。つらい
ことも悔しい思いをしたこともあったろう。必死で働きつづけ
3人の子供を育て上げた父親。妻と3人の子供達に愛された父親。
そして家族との貴重な故郷での時間を過ごすためにいつ倒れて
もおかしくない体で愚痴ひとつ言わず頑張り続けた父親。長女
はまだ温かみのある手を握って大粒の涙をこぼし、長男
と次男は唇をかみ締めて漏れ出てくる嗚咽を押し殺していた。
 私は家族の中での彼の存在の偉大さを改めて感じた。奥様は
最後の時にもう「頑張って。」とは言わなかった。彼女はわか
っていたのだ。彼が力の限り最後の時まで家族のために尽くそ
うと努力しつづけていたことを...。これ以上どうして頑張って
などといえようかと感じたに違いない。そして自然に「本当に
有難う。」という言葉がでてきたのだろう...。
 そしてその時が訪れる。心電図のモニターが心臓の電気信号
が途絶えたことを示した。私は静かに聴診器を胸に当て心停止
と呼吸停止を確認し、ペンライトで瞳孔が散大していることを
確認した。「よく頑張られましたが、7月○日、午後○時△分、
死亡確認とさせていただきます。」奥様は涙ながらに答えた。
「本当にお世話になりました。有難うございました。」
 彼の遺体を見送った時、彼の笑いながら私に話しかけたこと
が思い出された。「先生。毛越寺の花菖蒲は本当に見事なん
だ。一回見に行ったらいいよ...。」「うーんちょっと遠い
ですよね..。6月~7月ですか..。なかなか休みもとれないし。
でも行ってみたいですよね。」「俺が生きてる間は無理そう
かい。」「またそういうことを言うんだから...。僕が行った
て報告するまでまだ死なないでくださいよ。」「わかった
わかった...。」彼は最後まで私に泣き言を言わなかった。本当
に強い人だったと思った...。

(「花菖蒲」終わり)
スポンサーサイト
【2005/06/05 21:39】 花菖蒲 | トラックバック(0) | コメント(10) |
花菖蒲(24)
 当直明けは20代のころとちがって疲れが数日残ります。まだ
業務をしている時は気持ちが入っているので耐えられるのです
が、家にもどると体が非常に重たいですね。患者さんの前では
できるだけ疲れを見せないように努力はしていますが..。

 考えうる限りの治療は行っていたが、肝転移病巣は肝臓の
正常な組織の大部分を置換しており、もともと肝機能が低下
してきている上に胆道感染が起こったことで、病状を一層
悪化させていた。発熱は収まることはなく、日々黄疸が増悪
していった。彼の意識が混濁した状態は殆ど改善することは
なかった。家族が交代で彼に付き添って話しかけたりしても
彼がそれに対して答えることはなかったが、家族は黙々と付
き添い、体向変換やオムツ交換、清拭処置など奥様は積極的
に行っていた。肝性脳症で意識が混濁したことは彼と家族の
言葉でのコミュニケーションは奪ってしまったが、彼と家族
の絆はむしろ強まったように思われた。しかしながら彼の
状態は悪化していき、次第に尿量がでなくなってきていた。
 血圧も低下していき、状態としてはここ数日というところ
で私は奥様を含むご家族にお話することにした。
 「どうも付き添いご苦労さまです。ところで出来る限り
可能な治療を行っていますが、状態としてはあまりいいと
いえる状況ではありません。正常な肝臓の大部分が癌に
置き換わっており、ここに感染がかぶったことで肝不全
の状態がすすんでいます。すでに尿量も出なくなっており
血圧も低下してきています。このまま状態が改善すること
がなければここ数日で急変する可能性があります。」
ご長男は言った。「かなり状態は厳しいのですね。」
「そうです。下手をすれば今晩にも危険な状態になる可能性
があります。」ご長男は再び口を開いた。「やはり、無理に
つれていったのがまずかったんでしょうか?」私は言った。
「いえ、それはないと思います。6月の初めの段階ですでに
いつこのような状態になってもおかしくなかったと思います。
正直申し上げて、最初に外泊の提案を受けたときは6月20日
までもつかと思っていたぐらいですから...。根拠のない情
緒的な言い方になりますけど、外泊されてもどってこられた
次の日に状態が悪くなったというのは彼の執念のようなもの
を感じます。むしろよくぞここまでもったというのが正直な
ところでしょう。懐かしい故郷で家族と貴重な時間を過
ごせたこと、大切な人たちと貴重な時間を分かち合えたこと
は彼にとっては大きな喜びだったでしょうし、もし行かない
で数日寿命が延びたかもしれないと仮に仮定したとしても、
病院のベットにただ寝かされて過ごす数日の価値とは比較
できないと思いますよ。」奥様は言った。「連れていけた
ことは本当に先生には感謝しています。本人も充分満足
していると思います。あとは本人が苦しくなければそれで
充分です...。」私は言った「すでに肝性脳症で本人の意識
が無くなって、苦痛は多分感じていないと思いますので安心
してください。今後も治療は行いますが、本人の苦痛を伴う
治療や検査は今後は行うつもりはありませんので...。」
「わかりました。」奥様は静かに答えた。
(次回につづく)

 明日は出張があり泊まりで更新できませんが、明後日に更新
させていただく予定です。更新が飛び飛びになって申し訳あり
ません。次回は花菖蒲の最終回の予定です。楽しみにお待ちく
ださい。(帰りが遅くなったら1日遅れるかもしれませんが..。
と逃げをうたせてください。でも多分更新できると思います。)
【2005/06/03 21:27】 花菖蒲 | トラックバック(0) | コメント(2) |
花菖蒲(23)
 昨日は患者さんの急変で帰れなくなり更新できませんでした。
 毎日、覗きにいらしている方々には突然更新できなくなると
心配かけてしまうようですいません。更新途絶えているときは
仕事が忙しいのかなと思っててくださいね。

 外来を終えたのち、昼食をとらずに病棟にあがる。すでに奥様
は到着されていた。昼になっても38度台の発熱はつづき、意識
状態も混濁したままであった。奥様をお呼びしお話する。
「実は今朝から発熱があり、意識状態が混濁してきています。
肝臓に転移した腫瘍が増大してきたか、胆汁が通る胆管という
管が腫瘍に食われたかで、胆汁の流出が悪くなり、黄疸がでて
きている状態です。多分、胆管炎をおこしてきています。肝臓
の機能自体もかなり低下してきており、肝臓での解毒作用の
低下で肝性昏睡という状態になっています。起こってきたこと
に関しては適切と思われる治療を開始していますが、治療に
反応してくれるかはなんともいえない状態です。」奥様は
言った。「かなり厳しいと考えた方がよいのでしょうか?」
 「治療に反応することに期待したいところですが、肝臓の
機能が著しく低下してきており楽観できない状態です。当然
急変もありえます。」「また急に悪くなりましたね。」
「もともと予備機能が低下してきていましたから、ちょっと
したことで大きく崩れる可能性はあったと思います。それで
一応確認しておかなくてはならないのでお聞きしますが、急
変時は人工呼吸器や心臓マッサージなどの蘇生処置はこの
ような終末期の方には行わないのが一般的ですが、その方向
でよろしいでしょうか?」「そうですね。それをやって病気
がよくなるわけじゃないし、本人を苦しめるだけですから..。
もう充分夫は頑張りましたから、苦しくないようにしていた
だければ結構です。」「わかりました。心不全や肺炎などで
一時的にここをしのげばよくなるという患者さんであれば
蘇生処置は行うのですが、癌の末期の方に蘇生処置をしても
患者さんを苦しめるだけであるということで尊厳死を言われ
る今時にそこまでする施設は殆どないですから。基本的には
点滴からの薬剤の治療、酸素投与などの本人の苦痛のない
治療は継続していきますので安心してください。」「それで
回復の見込みはどの程度でしょうか...。」私は答えに少し
悩んだ。多分、今の肝臓の酵素や黄疸の値をみるかぎり望み
は薄いような気がした。私は言った。「いまのところは何とも
いえないですね。慎重に経過をみさせていただきますので。
状態が大きく変わるようであればまたお話させていただき
ますので...。」奥様は私の意を察したのか、彼の状態を見て
それが妥当と思われたのか解らなかったが、子供達にも連絡
しこの日から彼に交代で24時間付き添うようになった。
(次回につづく)

 ちなみに明日も当直です。金曜日に元気残っていれば更新
する予定です。なかなか仕事の関係で不定期になっていしま
い申し訳ないです。私はお休みのときには掲示板への投稿や
コメントいれていただいたりして盛り上げていただければ幸
いです。もちろん今後も仕事の合間で許す限り更新していき
ますのでひきつづき宜しくお願いします。
【2005/06/01 22:03】 花菖蒲 | トラックバック(0) | コメント(4) |
next→
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。