FC2ブログ
ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合の花(10)
 「治療としては5FU(ファイブエフユー)とLV(ロイコ
ボリン)の併用療法を考えています。所謂ホリナート・
テガフール・ウラシル療法といいまして2種類の経口の
抗癌剤を28日連続で内服し、一週間休薬し1クールと
します。つまり35日で1クールですね。これを繰り返し
て経過を見たいと思います。2年間継続し、再発がなけ
れば一旦中断し5年間再発がないかみていくことになり
ます。外来は投薬の開始直前と開始してから2週間のとこ
ろで採血して、血球減少などの大きな問題がないこと
を確認して内服を継続してもらうと言う形になります。」
 彼は言った。「治療は必要なんですよね...。でも治療
していても再発する可能性は全くないわけではないと.。」
 私は頷いていった。「そうですね。再発の可能性は
減らすことはできても0にすることはできません。
 いずれにしても5年間は経過をみないと治ったとはいえない
のです....。」彼は言った。「そうですよね.....。よく
わかりました。でも手術の経過も良かったですし、悪い
方に考えていても仕方がないですから。可能な治療を
受けさせてもらってできれば完治させたいものですね..。」
 「できれば私もそうしたいと考えています。本日の採血
では大きな問題はなかったので内服は明日から開始して
もらって、1週間くらい経過みて問題なければ一旦退院
にしたいと考えています。」彼はしっかりとした口調で
言った。「わかりました。よろしくお願いします....。」

(次回につづく)
スポンサーサイト
Copyright © 藪医者の独り言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。