FC2ブログ
ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合の花(14)
 それから4ヶ月ほど経ったある日、彼は予定通りの外来の
日にやってきた。採血の結果も大きな異常はなく化学療法
はこれまでと同様に続けられそうであった。
 「採血の結果、血球数も問題なさそうですし、引き続き
このままの治療を継続できそうです。」「そうですかそれは
よかったです。」「今のところ再発の兆候もないですし
いい感じだと思います。薬処方しますので次回は2週間後
にまた来ていただこうと考えています。」「わかりました。
ところで先生、実はご相談がありまして.....。」「はい。
なんでしょうか?」彼は言った。「今度、会社の方で転勤
になりまして大阪の方にいかなくてはならなくなりまし
て....。」「そうですか....。」「転勤は1ヵ月後になります。
治療は向こうでも続けた方がいいんですよね?」彼は
少し心配そうに聞いた。私は言った。「ええ、そのほうが
いいと思います。これまでの経過をまとめて紹介状を
用意しますのであちらでも治療を続けていただいた方が
いいと思いますよ。」「わかりました。それでは2週間後に
来た時に紹介状をいただいて、あちらでも治療を続ける
ようにしたいと思います。」「そうしてください。環境も
変わって大変だと思いますが...。」「そうですね。新しい
ところに慣れるのも時間がかかるでしょうし、やはり
病院もできれば慣れたところの方が安心なんですけど。
仕方ないですから。」「それでは次回が最終の受診日に
なってしまうのですね。」「多分そうなると思います。」
 「解りました。少し寂しいですけどあちらでも元気で
やってください。」「どうも先生有難うございました。」
 彼は一礼をして診察室を去った。

(次回につづく)

 皆さん。お盆はいかがお過ごしですか?私は夏休みを
もらったので実家に家族といく予定です。先週は夏休み
体制で(外科医師が代わりばんこに夏休みをとっている)
チームの2人が休みに入ってしまったにも関わらず、予定
手術が混んで、仕事が全く片付かず、殆ど家に帰ってこ
れない状況でした。更新が途切れ途切れになってしまい
申し訳ありませんでした。
 ブログも夏休みになってしまいますが8月19日以降は
何とかもとのペースにもどして更新していきたいと思います
ので引き続きよろしくお願いいたします。普段、家に置き
去りにされている子供達と奥さん孝行して少しリフレッシュ
して戻ってきますね.....。それではしばらく一旦おいとま
します。
スポンサーサイト
Copyright © 藪医者の独り言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。