Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
つかめない藁(23)
 その後、3日に一回位彼女のところに父親と母親が訪れる
ようになった。パクリタキセルの投与が3クール目に入るこ
ろから彼女の前胸部の病巣が次第に縮小してきた。また胸
のドレーンからの排出量が減少してきていた。腫瘍マーカー
も高値ながら低下傾向となっていった。それは化学療法が
うまくいっていることを示唆していた。ドレーンからの胸
水の排出量が1日300mlから100mlへ、そして50mlと減
少していき、ついに胸腔ドレーンを抜くことができた。少し
ずつながら目に見える改善が認められたことは彼女を元気
づけた。胸水ドレーンが抜けた時、彼女は言った。「先生
2回も死の淵を見てきたけど、2回とも先生に助けられたね。
 今回助けられた事は前回みたいに無駄にしないから。今度
は絶対、逃げ出したりしないから。」私は言った。「今回、
よくなったのはご自身が一生懸命治療に専念されたから
です。貴方自身の努力の賜物ですよ。今後も厳しい場面が
また訪れるかもしれませんが、今の貴方なら乗り切ってい
けると信じています。」「有難う先生....。難しい立場な
のに心配して顔を見せてくれる両親のためにもここで終わ
りにするわけにはいきませんから......。」彼女は今回の
化学療法で髪の毛は抜け落ち、頬も少しこけていた。だが
彼女の目の輝きは以前より増し、その笑顔は今までになく
輝いて見えた。
 
 幸いにも彼女の場合、多少のだるさや吐き気は注射した
日の後、2-3日つづく位であった。大きく血球減少がお
こることもなく副作用がひどくでることも無かったこと
から外来で治療を継続することができそうだと思われた。
 4クール目がはじまって間もなく私は彼女に言った。
 「だいぶ状態も落ち着いてきましたし、そろそろ外来
での治療に切り替えていこうと考えていますが、どうで
しょうか?」彼女は言った。「本当ですか?本当に退院
できるのですか?」
(次回につづく)
スポンサーサイト
【2005/07/04 22:03】 つかめない藁 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<つかめない藁(24) | ホーム | つかめない藁(22)>>
コメント
二度目の挑戦出来たのですね!
先生の思いが彼女に届き良かったですね。
病状は私はどれだけ進行しているのか分かりませんが、退院まで出来るほど良くなったことが彼女の生命力と適切な治療効果がうまくいったのでしょうか!
この後、波乱が起きないことを祈ります。
【2005/07/06 02:36】 URL | 村田とし #sgh/Zdco[ 編集]
前回の状態から、もう退院できないのでは、と思っていました、ここまで良くなってうれしいデス!
しかし、退院してもツライ現実が待っていたのか。。。展開が非常に気になります。
先生、最近とてもお忙しいようで、お体心配デス。ついつい自分のコトは後回しになってしまう職業デスネ。

【2005/07/06 14:31】 URL | mimimi #-[ 編集]
 村田さん、mimimiさんコメント有難うございました。

 癌性胸膜炎と皮膚の局所再発をおこした状況から抗癌剤治療がうまくいってなんとか退院までもっていくことができました。今回の件で彼女の治療に対する態度は積極的なものにかわっていきます。周りに対しての態度も積極的なものに変わっていきました。

 2回目の幸運を彼女はどのように受け止め貴重な時間を過ごすのか...。つたない文章で伝えきれないかもしれませんが続きにご期待ください。

 重ねてコメント有難うございました。引き続き宜しくお願いいたします。
【2005/07/07 00:17】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/110-89fe6d6d
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。