Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
約束(50)
 彼女の病室に訪れるとすでに呼吸も止まっており
脈も触れなくなっている状態であった。血圧はすで
にでていない状態で、心電図モニターに映し出される
心臓の電気信号がかすかに動く心臓の動きを捉えて
いた。それもいずれ止まってしまうのは時間の問題
と思われた。(Sが間に合うといいのだが……。)
そう思いながらモニターの動きを私は見ていた。
 彼女の表情は安らかだった。2年数ヶ月の闘病
生活から彼女は解放されようとしていた。
 私が病室を訪れてから数分経って、病室のドア
を開ける音がしてSが到着した。「お袋…..。」Sは
つぶやくように言って、母親の元に駆け寄った。
Sは言った。「お袋。本当にお疲れさん。よく頑張
った。本当にありがとう。もう苦しまなくてもいい
んだ。もう楽になっていいんだから……。」Sは
眼から涙をこぼしながら母親の手を握り締め、
声をふるわせながら母親に話しかけた。
 しばらくして心電図モニターが完全に心臓の動き
が停止したことを示した。SもSの母親も、私も
いつかこの時がくることは分かっていたはずであ
った。皆が覚悟を決めて日々を過ごしていたはず
だった。だが、だれが友人の母親の死亡宣告を好き
好んで行いたいものであろうか。この間のSとの
真剣な話合いの場面、Sの結婚式の数々の場面
彼女が気力と体力を振り絞って行った挨拶、様々
な場面が脳裏をよぎった。私は静かに心音の停止
頚部での脈拍の停止、瞳孔の散大を確認して言った。
「本当によく頑張られましたが…..。○月△日午前
11時○○分、死亡確認とさせていただきます。
 本当にお疲れ様でした……..。」
「こちらこそ。nakano先生,本当にお世話になりま
した。」震える声でSは答え、深々と私に頭を下げた。

(次回につづく)
スポンサーサイト
【2005/10/24 22:57】 約束 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<約束(51) | ホーム | 約束(49)>>
コメント
nakano先生いつも読ませていただいています。
ガンで亡くなる方がいなくなればこの世の中、
もう少し変わるかもしれませんね・・・
【2005/10/25 05:19】 URL | 一読者 #LkZag.iM[ 編集]
 一読者さんコメント有難うございました。

>ガンで亡くなる方がいなくなればこの世の中、
もう少し変わるかもしれませんね・・・

 どうでしょうか。私自身は逆説的ですが癌というのは前にも書きましたが慈悲深い疾患だと考えています。尊厳死という概念が確立しているのは癌だけですし、末期の疼痛の管理指針が確立されているのも癌だけです。脳梗塞で寝たきりになって、嚥下障害で胃に穴をあけられ栄養剤を流し込まれ、家族のお荷物になって施設に預けられっぱなしになるご老人、肺気腫で苦しい、苦しいといいながら、本人が望まないのに気管切開され、人工呼吸器につながれ、失望のあまり舌を噛み切って自殺しようとした人。突然死で家族が死と受容する間もなく亡くなってしまった心疾患の方.....。他の疾患で亡くなる人とくらべて一番、家族との別れが納得できるだけの時間が与えられ、周りの人々にも支えてもらえ(真剣に考えてもらえる)、苦痛に対する対策まで学問的に研究されている殆ど唯一の病気だと思います。そしてまた逆接的ですが本人と家族がしっかりとした考えを持って行動すれば、最もお互いが納得できる最後の場面をつくることができる病気ということができるかもしれません。そしてまた、早期の癌であれば病巣を取り除くだけで病気が治ってしますのです。こんな病気は他にはありません。我々は皆、死という不治の病にかかってこの世に生をうけます。私だって明日、交通事故にあって亡くなるかもしれません。ここに綴った登場人部の人々は病気という苦難の中で限られた人生をどう生きるのかを示し、改めて我々に問いかけてくれているのではないと私は思っています。

 一読者さん。コメントのお返事としては的外れになってしまいました。すいません。

>nakano先生いつも読ませていただいています。

有難うございます。これからも覗きにいらしてくださいね。今後とも宜しくお願いします。

 
 
【2005/10/25 22:59】 URL | nakano #-[ 編集]
毎日お邪魔してます。癌術後検診中の私にとっては、nakano先生の>ガンで亡くなる方がいなくなればこの世の中、もう少し変わるかもしれませんね・・・に対するコメントは、心安らぎます。有難うございます。
【2005/10/26 22:48】 URL | タマ #-[ 編集]
 タマさんコメント有難うございました。

>毎日お邪魔してます。癌術後検診中の私にとっては、nakano先生の>ガンで亡くなる方がいなくなればこの世の中、もう少し変わるかもしれませんね・・・に対するコメントは、心安らぎます。

 どうも有難うございます。一般的な感覚からすると逆説的で大胆な意見かと思われてしまうのではないかと思いましたが好意的に受け取っていただいてほっとしております。タマさんに今後もみてもらい続けられるようにブログも頑張りたいと思います。

 タマさんの病気の全快を心より願っております。重ねてコメント有難うございました。
【2005/10/27 22:10】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/187-8e1dd2a5
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。