Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
雪中花(7)
 彼が気がついたとき病院のベッドに寝かされていた。
 意識がしっかりしてきた時、彼は自分がどこにいるか
よく分からなかった。「ここは一体どこだ……。」懸命に
記憶をたどってみる。そうだ、自分は自殺をしようとして
しくじって動けなくなってたんだった。次の日の昼くら
いまではなんとなく覚えている。腹は減る、喉はかわく
は動けないでもがいているうちに意識が遠のいていった
んだった。どうやら助けられたようだ。でも、あの山の
中でどうやって?体をうごかそうとすると背中に激痛が
走る。腕には点滴が入っている。「そうか、病院に運ばれ
たんだ……。」少しずつ彼は合点がいってきた。でも
俺が生きているとなると……。会社と家はどうなっている
んだろうか…..。今日が何月何日なのかもはっきりしない
状況だった。彼は近くにナースコールがあることに気が
ついた。少しためらったが今の自分の状況が知りたい。
 どうやら動けないのは確かなようだ。これでは再度の
自殺をはかるのは無理そうだった。
 彼はナースコールを押して看護師を呼ぶことにした。
 しばらくして看護師がやってくる。「Yさん。どうされ
ました?」彼の名前がよばれたことから、彼の身元を病院
はつかんでいるようだった。多分、身に着けていたものか
らわかったのだろう。すると家にも連絡がいっているし、
警察もすでに関わっているんだなと彼は察した。体は痛み
でうごけないし、何かしようとしても監視されている状態
である。彼の試みは完全に失敗に終わったことを彼は察した。
彼は彼女に尋ねた。「すいません。今、ようやく自分でも
意識がはっきりしてきたんですけど、よく今までのことを
覚えていないんです。今日は何月何日で、ここはどこの病
院なんですか?」看護師は言った。「ずいぶんはっきりして
きたんですね。よかった。今日は○月×日ですよ。
今朝方にYさんは運ばれたんですよ。」そうか、自殺図って
2日目に助けられたんだな……。彼はぼんやりと思った。
「ここはM中央病院でYさんは今、整形外科の病棟に入院
しています。腰椎を圧迫骨折していて向こう数週間はベット上で
安静にしてもらうことになっています。ご家族の方にも
連絡がとれて午後2時ごろにはこちらに着くようですけど。」
 「わかりました。どうも有り難う。」看護師は一礼して部屋
を出て行った。多分、病院側は自分が自殺を図ったことを知
っているのだろう。呼べば色々聞かれるかと思っていたが看護
師は気をつかっているのか彼に何か聞くこともなかった。看護
師が出て行ったあと、彼は家族が到着した時にどんな顔して迎
えればいいのか悩んだ。遺書までそろえて送っておいたし、
大見得切って大失敗したようなもので正直非常に恥ずかしい
状況だった。とりあえず謝るしかないよな……。それで今後
のことを話しあわないとな…….。彼はぼんやりと考えた。

(次回につづく)

 明日は日当直にてブログはお休みです。月曜日、更新の元気が
残っていたら続きを更新しますね。このお話でnakanoがでてく
るのはもう少し先になります。いつもと違った視点で綴っていく
予定ですので続きを楽しみにしてくださいね。
スポンサーサイト
【2005/11/05 20:58】 雪中花 | トラックバック(1) | コメント(2) |
<<雪中花(8) | ホーム | 雪中花(6)>>
コメント
先生がなかなか出て見えないので、どうなるんだろうと?何故か寂しかったです。
自殺は怖いです。私は小心者です。
血を流すのは、痛そうです。電車に飛び込んだ人見ました。痛さ越えていました。睡眠薬飲んだ人見ました。胃洗浄苦しそうでした。皆にめいわくかかります。人は生まれた日から誰もが死の方向にむかっています。みんなに平等に与えられた試練だと思っています。しかし、死ぬために産まれてきたのではないと思っています。生きるべくして生かされていると生きてきました。
人間に生まれてよかったと、感謝しています。
ものを考えることが出来る事に喜びを感じています。毎日たのしみにブログ開いています。
ゆっくり、楽しませていただいております。
どうぞ、ご無理なさいませんように・・・・
【2005/11/07 09:19】 URL | そら #-[ 編集]
 そらさんコメントどうもありがとうございました。

 生きるというのはなかなか大変なことです。だれしも自分で望んできて生まれてきたわけではないですし望んで死んでいくわけではないです。日々の生活の中でどの人も楽しいことよりは辛いことの方が多いかもしれません。なんとか食べていくことで精一杯の状態の中で生きていく意味を見出せなくなってしまうこともあるかもしれません。でも生きていることは可能性があるということです。それぞれに置かれた状況により色々な制限は課せられますがその人が生きたいと望む生き方ができる自由と可能性があるのです。つまり人はその人の人生の創造者であるということです。自分のなりたい自分を見出すのも、それにむかって努力するのもすべてその人次第です。
 長い人生、失敗もあるでしょう。その場から消えてしまいたい衝動にかられることもあるかもしれません。でも自殺は基本的には逃げでしかありません。自分で自分の可能性を放棄しているだけです。死ぬ覚悟で必死になってやれば結構道はひらけるものです。その可能性を放棄して自殺というのはあまり賢い選択ではないと私は思います。どの人も周りの人々に支えられて生きています。いままで支えてくれた人々のことをかんがえればあとは野となれ山となれの態度は褒められたものではないと思います。

 苦労やうっとうしさ、辛い出来事と幸せと達成感というのはカードの裏表であり、失敗してこそ次の成功もあるものです。いままで綴ってきた数ヶ月、数年の間の限られた時間の中で可能性を求めた人々をみて下さい。彼らに残された時間は彼らの意思と関係なく制限されてしまっているのです。彼らより多くの時間と可能性を秘めている我々がどうして自分の人生を満足できるものにできないとあきらめてしまわなくてはならないのでしょうか。
 
 この物語の登場人物である彼は幸運にも自殺に失敗し生き残ります。しかし神はこの夫婦に新たな試練を課すことになります。そのあたりからnakanoが関わっていく形で話がすすんでいく予定です。

 当直やら学会やら緊急手術やらでブログの更新がままなりませんがなんとか続きをつづっていく予定ですよろしくお願いします。

 重ねてそらさんコメント有難うございました。
【2005/11/08 00:38】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/196-41e3a555
第十五章 現況
最近さびしい事がある。病院に行ってもK看護師の姿が見えない・・夜勤明けの時は、大体見えて話もしたのだけれど・・最近見えないのである。 病棟へ行くのも気が引けるし・・仕方無い事ではあるが・・ 俺は、ふっと思う事がある。 これだけの闘病生活の中に普段では、感 医療ミスと愛の物語【2005/11/09 06:07】
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。