Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
春風(13)
 医師の説明を聞いて2人は手術の承諾書に署名した。診察室
を出ると看護師に手術当日の準備などについて説明を受けた。
 様々な説明の書類を受け取ったあと会計窓口に向かった。
 会計を済ませて病院を後にした2人は帰りのバスの中でもお
互い無言であった。二人とも相手にかける言葉を失っていた。
覚悟していたこととはいえ悟自身もショックであったし、彼
以上にショックが大きいであろう彼女にどのような言葉をかけ
ていいかわからない状態であった。彼女にしても何か言葉を口
にすると感情があふれ出しそうで怖くて何も言えない状況であ
った。バスが自宅付近の停留所につく二人はバスを降りると
そのまま自宅のアパートに向かった。アパートについてドアを
あけ荷物を降ろすと悟は言った。「ともかくお疲れさん。大丈夫
か?詩織?」彼女はふーっとため息をつくと言った。「正直、あ
まり大丈夫ではないわ…..。でも仕方ないですものね…..。今
お茶いれるから……。」そういうと彼女は台所に向かった。やかん
に水を入れ火をかけている間に涙があふれてきた。どうしたって
いうの?もう半ば覚悟していたことじゃない?あれだけ仕方ない
って自分に言い聞かせてきたじゃない?どうしてまた涙がでてく
るの?あれだけ泣きはらしたじゃない?もう涙なんて出尽くした
と思っていたのに…….。詩織の肩が細かく震えるのを見て悟は
言った。「詩織……。今回は仕方ないよ…….。無理だとは思う
けどいつまでも悲しんでいても仕方ないじゃないか。俺だって
悲しいよ。でもいくら悲しんだっておなかの子供が生き返る訳
じゃない。悲しんでおなかの子供が生き返るならいくらでも
悲しむけど…..。それに先生も言っていたじゃないか。妊娠早期
の流産は子供の遺伝子の異常が原因の事が多いって言われている
って。決してお前のせいじゃないからって。」彼女は言った。「あ
なた…..。ごめんなさい。わかっているの。わかっているのよ頭
の中では…..。仕方のないことだって。だけど本当に悲しいの。
なんだか体全体から悲しいっていう感情が湧き上がってくるの。
つわりはつづいているのに子供が死んでいるなんて…..。なんだか
悲しくて悲しくて…..。どこからこんなに涙があふれでてくるん
だろう。どうしようもない感情がわきあがってきてしまうの….。
本当にごめんなさい……..。」悟は立ち上がると静かに詩織の肩を
抱いて言った。「なあ男の俺がおなかに宿した命を失った母親の悲
しみのつらさは充分理解するのは難しいと思う。俺が何を言っても
説得力はないかもしれない。でも俺が傍にいるから…..。だから大丈
夫だから。何があっても傍にいるから…….。」

(次回につづく)
スポンサーサイト
【2006/03/12 21:52】 春風 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<春風(14) | ホーム | 春風(12)>>
コメント
詩織さんはさぞかし辛いでしょうね。悟さんが彼女の気持ちをわかってくれる優しい夫で幸いです。そうでなければ詩織さんはは心の持って行き場がなくなってしまいますもんね。悟さんがこのまま優しい夫でい続けることを祈らずにはいられません。
【2006/03/13 01:13】 URL | punipunipyonpyon #-[ 編集]
流産された方はこんなに苦しむのですね。
経験が無いので、「自分に非がないのにどうして夫に申し訳なく思うのだろうか?」と理屈で考えてしまいます。

「何があっても傍にいるから」という悟さんの言葉が最後までこのとおりであることを願っています。

産婦人科の外来待合室は複雑ですね。癌の方も出産予定の方も同じ場所で呼ばれるのを待ち、それぞれの思いがあり、不安と希望が混在している場所だと思います。

通院先の病院の、病棟のほうはもっと大変だとききます。出産の方と癌の手術の方が隣同士のベッドになることも珍しくないのだとか。
かといって、(スペースの都合上)分けるわけにもいきませんと思いますが...
【2006/03/13 01:28】 URL | ふじくろ #-[ 編集]
よく考えましたら、悟さんの「無理だとは思うけどいつまでも悲しんでいても仕方ないじゃないか。俺だって悲しいよ。でもいくら悲しんだっておなかの子供が生き返る訳じゃない。」は,言っているご本人は励ましているつもりでも、こんな場合はかえって奥様を傷つけているような気がしました。
【2006/03/13 23:33】 URL | ふじくろ #-[ 編集]
punipunipyonpyon さん、ふじくろさんコメント有難うございました。

 この方の場合はなかなか妊娠せず、周りのプレッシャーの中でようやく妊娠した喜びもつかの間流産の憂き目にあうという設定で本人にとっては非常にきつい状況を設定しました。人によってはもう自分は妊娠、出産できないのではという不安感に襲われても不思議ではないかもしれません。多分、二人目や3人目が流産であったという状況であったならばこれほどのショックはうけないで棲んだかもしれません。また個々人の感受性もあると思います。この物語ではこの流産を乗り越えて次の妊娠、出産にいたるまでをまずは描きたいと考えています。なかなか仕事の片手間で書いているもので色々及ばぬ点はありましょうがひきつづきご指導のほどお願いいたします。

 重ねてお二人ともコメント有難うございました
【2006/03/15 00:21】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/287-a72d027d
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。