Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
春風(14)
 その後、数日彼女は普段どおりに仕事に出て生活して
いた。悟は少しやすんだらとは言っていたが家にいても
塞ぎこむだけであったし仕事をしていた方が気も紛れた
のだ。職場の上司には流産で来週の火曜日に手術である
旨を伝えた。上司は一言、「それは残念だったね….。」と
彼女に言った。同僚達にも今回の件を伝えた。いままで
お祝いの言葉をもらっていた後だけに周りの人々にも
気を遣わせてしまっている気がして、彼女はできるだけ
職場では明るく振舞うように心がけた。だが独りになる
と気持ちがどうしても沈んでしまう状態であった。確か
に仕方がないことであることはわかっているつもりであ
った。自分に大きな落ち度があったとも思えなかった。
だがなぜか死んでしまった子供と夫にたいしての罪悪感
が自然に湧き上がってきてしまうのをどうしようもなか
ったのである。

 その週末、悟は彼女を外に連れ出した。少しでも気分
転換になればという気持ちであった。昼食をとりに入った
レストランには子供づれの家族がちらほらとみられた。
 悟はしまったかなと一瞬考えたが、今日は日曜日だし
多分他の店にいってもたいしてかわらないだろうと考え
た。いずれにしても家にこもっているよりはよっぽど
いい…..。食事をとっていると詩織が悟に言った。「あな
た。いろいろ気をつかってもらって悪いわね…….。」
 悟は言った。「別に気なんかつかってないさ。ちょっと
色々あったからな、気分転換に美味しい物でも食べて
少し出かけた方が俺もよかったし、丁度仕事の関係で
買い物もしたかったから…..。」「そう…..。でも私もよか
ったわ。この子の母親でいられるのもあと2日だけだ
から…..。少しでもいっしょにいられた思い出もできる
し…….。少しはおいしいものも食べさせられたかな
って…..。」「おまえ…..。」「馬鹿馬鹿しいって思うで
しょう…..。もう死んでしまっているのにね…..。でも
わずかの間だったけど私の中にいっしょにいてくれた
のよ….。知らない間にいってしまったけど…..。」
 悟は一瞬言葉を失ったが少し考えてから言った。
「わかった。今日はこの子と過ごせる最後の休日だもの
な…..。いい日にしないといけないよな…….。」
「ええ。」詩織はそういってつぶやいた。

(次回につづく)

 どうもこのところ少しまた忙しくなってきています。
 今日も日が変わったあとの更新です。
 明日は当直のためブログはお休みです。ここのところ
更新が不定期になってすいません。
スポンサーサイト
【2006/03/14 23:53】 春風 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<春風(15) | ホーム | 春風(13)>>
コメント
はじめまして、この2日間で先生のブログすべて読ませて頂きました。先生のお人柄なのでしょう、言葉やコメントから愛を感じてなんかほんわかした気分にさせてもらいました。日々のお忙しさのなかでこのような精神状態でおられるのは、私のような者には到底不可能なことですが、少しでもそのような思考に近づきたく、陰ながら海外から応援させてもらいます。
くれぐれもご自愛ください。
【2006/03/15 03:37】 URL | nana #-[ 編集]
普通の方にはわかりにくいことかもしれませんですが、大きな苦しみ、悲しみを伴う情況に身を置いた方にとって、
「頑張って」「早く元気になって」「あなたより(状態の)悪い人もいるのだから」「いつまでも悲しんでいないで...」「早く忘れて」「前向きに」等々の言葉は、言われた側の負担になることが多いと認識しています。
今回この物語をきっかけに、流産・死産の経験者の方たちの掲示板などで、体験談などを読ませていただいたりするにつれ、他の病気の患者さんたちと共通する感情が多いことも、初めて知りました。
これらの感情が(数ヶ月あるいは数年という)時と共に和らいでいくことも承知しています。
流産・死産経験者の方たちが異口同音におっしゃる「体験したものどうしでないとわからないこと」があることを痛感いたしました。
【2006/03/15 16:07】 URL | ふじくろ #-[ 編集]
またまた、「只今更新中」でしたね。当直の前夜なのにお疲れさまでした。当直は無事に終わりましたか?暖かくなりそうでなかなか本格的な春は遠いです。インフルエンザの患者さんなどまだ多いのでしょうか。先生も体調など崩されませんように。
【2006/03/16 18:20】 URL | punipunipyonpyon #-[ 編集]
nanaさん、ふじくろさんpunipunipyonpyonさんコメント有難うございました。

>陰ながら海外から応援させてもらいます。
くれぐれもご自愛ください。

 どうもありがとうございます。家に帰って眠り眼をこすりながらすこしづづ書き足しているので時々おかしな文章になっている時もあるかもしれませんがnanaさんのような暖かいご意見をいただき更新を楽しみにしてくださっている読者の方々がいらっしゃると思うと気が引き締まる思いです。今後もnanaさんの期待に沿えるようにやっていきたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

>普通の方にはわかりにくいことかもしれませんですが、大きな苦しみ、悲しみを伴う情況に身を置いた方にとって、
「頑張って」「早く元気になって」「あなたより(状態の)悪い人もいるのだから」「いつまでも悲しんでいないで...」「早く忘れて」「前向きに」等々の言葉は、言われた側の負担になることが多いと認識しています。

 その通りだと思います。当事者は非常に苦しんでおり、充分もう頑張っていらっしゃる事が多いと思います。それに頑張れといわれてもこれ以上どうやって頑張るのか....。何もわかっていないのにそんなこといわれてもというのが本人に偽らざる気持ちかもしれません。

>当直の前夜なのにお疲れさまでした。当直は無事に終わりましたか?

 おかげさまで何とか無事に終了しました。正直体が少し重たいですが週末ももう少しなのでなんとか乗り切りたいと考えています。でも何とか今日も更新できてよかったです...。

 みなさん、重ねてコメントありがとうございました。引き続き今後とも暖かいご支援のほどお願い申し上げます。

【2006/03/17 00:08】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/288-95c3a20f
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。