Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
癌という病気
 私の専門は一般外科である。どうしても疾患としては消化器
癌の手術が主体となる。半分が早期で半分が進行癌であるとす
るならば自分が手術した患者さんの半分は5年以内に亡くなる
ことになる。できる限りの治療を行ったとしてもだ。
 しかしながら私自体は癌は慈悲深い疾患だと思っている。
 逆説的に思われるかもしれないが他の多くの疾患を考えて
みると私の言っている意味が解ってもらえるかもしれない。
 例えば糖尿病を考えてみよう。疾患がすすめば失明し、腎機能
がやられて透析となり(現在の日本の透析の導入理由の第一位
は糖尿病性腎症)手足が壊疽を起こし四肢を切断されそれでも
死ぬことができない。脳梗塞で麻痺で寝たきりとなった患者さん
を考えてみれば、寝たきりで何年も生き続け、家族には影で
早く死んでくれないかと思われながら生き続けなくてはなら
ない。肺気腫の患者さんはどうしようもない呼吸苦の中で
何回も挿管され人工呼吸器につながれ生かされてしまう。
 治療を中断しようにも中断することが許されない。脳梗塞で
嚥下障害を起こせば昔は点滴もせずに干からびて弱っていくの
をみて誰もが死を納得していた。しかしながら現在では口から
入らなければ経鼻栄養、胃に穴をあける胃ろう造設されて
無理やり生かされる。何年もこの状態で生かされつづければ
家族もつかれきって早く死んでくれと内心祈ってしまう心境
に追い詰められる。本当にこれで皆幸せなんだろうか?
 食事がとれなくなって、衰弱して、家族に家で看取って
もらえた昔のほうが皆幸せだったんではないかと思う。
 癌は違う。早期であれば確実に病気を治癒させることがで
きる。助けられる時期を逸したとしても、家族が周りが同情
し、真剣になる。痛みが出てきたとき痛みのとり方、尊厳死
の観念。一番研究され学問的に確立している疾患である。
 脳梗塞の様に十数年寝たきりになるならば家族もつかれき
ってしまうが数年、数ヶ月であれば周りも頑張れる。
 医者ももう充分苦しんだから、最後はつらさや痛みを充分
とってあげて自然に任せましょうと言ってあげることができる。
 充分苦しんできて、ようやく安らかな眠りにつこうとして
いる患者さんに肋骨を折ってしまう心臓マッサージや苦痛を
伴う人工呼吸器の装着をしなくてすむ。人は老い、いつか必ず
死ぬ。その最後をどうするのか最も研究され、死が仕方の
ないものだと誰しもが納得してくれる疾患。ある意味本当に
慈悲深い疾患であると感じるのである。
スポンサーサイト
【2005/02/22 23:17】 管理人雑感 | トラックバック(1) | コメント(2) |
<<帰れない老人達(1) | ホーム | 老後という現実>>
コメント
数ヶ月であれば・・・・
その数ヶ月の「余命宣告」
大切にされ尊厳を保って逝くはずです。
それなのにその「余命」を日数数えて計算どおりに済ませる心積もりも存在します。

穏やかに延びれば喜びの時間となると思っていました。嬉しい誤算の訪れたとき、その時間を有効に使うために余裕をもった計画を立てておくことは理の当然と思っていました。

「自分はやるだけのことはやったのに私の責任の外で決着が遅れるならそれは仕方がない。」
というかのような、都合のよい計画がたてられてしまうこともあります。

このお母さんは末期癌でありました。
(トラックバックを貼りました)
【2005/12/15 21:47】 URL | sabatoranoneko #CA7MWOJY[ 編集]
sabatoranonekoさんコメントとトラックバック有難うございました。

 病に臥せっている親に対してどう接するのかというのはその人と子供さんの関係が如実に現れる場面といえるでしょう。どの人も自分の生活があり、仕事があり、家庭があります。いろいろな状況はありますが、時間的に余裕があっても親の見舞いに来ない人は絶対きませんし、来る人はどんなに忙しくても見舞いにやってきます。それは子供さんたちの優先度の価値観によるものと考えます。親の命の一大事より自分の仕事の方が大事と思う方は急変時に急いで来てくれといっても行けないと言い放つ人もいますし、長期休暇をとって仕事をすてて付き添う人もいます。
 結局、家で親を介護できないというのはその人が親の介護なんかよりもっと大事なことがあるからできないといっているにすぎません。(親の事が一番大切なら仕事より親の事を優先するはず) 
 実際に親のことより自分の事で精一杯で親のことなんかかまってられないと言う人の方が多いと思います。それがいいことか悪いことかは私は言えませんが貴重な時間を亡くなっていく方にも残される方にも後悔無く有意義にすごされる事を願ってやみません。

 sabatoranonekoさん貴重なコメントおよびトラックバック有難うございました。引き続きよろしくお願いいたhします。

 
【2005/12/16 23:58】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/3-3358922a
計算どおりにはいかないのだから
母さんが倒れた。目の前ではないがそう遠くない将来、召される日がくると宣告された。息子は、長期休暇を取ることにした。ちょっと調べてみると、上手に休みを取れば、ボーナスを減らさずにほぼぴったりと休みをとって、有給もすっかり使って休めることに気がついた。こんな 猫の同居人のつぶやき【2005/12/15 21:48】
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。