Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
春風(26)
 帰りの電車の中で二人は黙っていた。なんともきまず
い訪問であった。精神的に二人とも疲れていた。詩織も
悟もなんともやるせない気分であった。実際、敏子
の反応は予想されたものであった。詩織もなかなか出来
なかった子供が流産したことで周りの人々をがっかり
させてしまったことはわかっていた。敏子にしても期
待が大きかったがためにきつい言葉となってしまって
いるのにちがいない。自分の事を思って敏子なりに言
ってくれているのだからと考えていた。そう考えて
自分を納得させようとしていたのだ。黙っている詩織
に悟は言葉をかけかねていた。ただでさえショックを
うけてしまって詩織だって大変なのに………。全くと
んだ訪問だった…….。実家でのなんとも気まずい雰囲
気の状況を思い起こしながら悟は考えていた。お袋も
言い過ぎなんだよ。一番つらいのは詩織なんだしお袋
がいったことは詩織だってわかりきっていることなん
だから…..。そうこうしているうちに電車は下車する駅
に近づいていた。
 下車する駅が間近になったところで悟は言った。「今日
はお疲れ様だったな……。」突然話しかけられた詩織は
一瞬おどろいた様に悟の方を振り向くと言った。「そうね。
あなたもお疲れ様でした。」「大丈夫か?」「ええ、なんと
か大丈夫よ。今日は私をかばってくれて有難う。」少し間
をおいて悟は答えた。「そんな、たいしたことはしてない
よ。お袋も色々言い過ぎなんだよ…..。」それを聞いて詩織
は言った。「そんなことないわ…..。お義母さんもやはり
私たちの事を心配していってくださってるのだから…….。」

 「詩織さん。あなたね。お仕事も大事だとおもうけど
あなたももう次に妊娠できる時期になったら30なのよ。
 実際に子供がいつまでつくれると思っているの….。それ
だって本当に妊娠できるかだってわからないんだから…。
そこら辺を十分考えてもらったほうがいいわね…….。」

 敏子に言い放たれた言葉を思い起こしながら詩織は
つぶやくように答えた。
(次回につづく)
スポンサーサイト
【2006/03/31 23:23】 春風 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<春風(27) | ホーム | 春風(25)>>
コメント
こんな場合どんな夫の思いやりより、はじめっから(結婚する前から)子供はとにかく授かりもの、いなければいないで楽だ。生きてきて出会った互いの伴侶の健康が一番!という取り決めというか互いの理解があったら、最も気が楽ですね。
誰が文句を言おうが、残念だろうが、ぎりぎりの最後に残る大事なことはそれだけなのだけど、そのことを、口に出して確かめられているのと、暗黙の了解にしているのとは天と地です。
【2006/04/01 01:38】 URL | sabatoranoneko #CA7MWOJY[ 編集]
sabatoranoneko さんコメント有難うございました。

>子供はとにかく授かりもの、いなければいないで楽だ。生きてきて出会った互いの伴侶の健康が一番!という取り決めというか互いの理解があったら、最も気が楽ですね。

 そうですね。確かにその通りだと思います。
 ただ詩織さんの場合は周りのプレッシャーも厳しいこともありますが、それとは別に愛する男性の子供が欲しいと願っていたし、今もそう思っているという設定にしてあります。おなかの子供は詩織さんにとってなによりも心から願った授かりものでした。それが失われたという事実が彼女の悲しみの根本でした。それを失った原因がなんであったかはわからないのですが、彼女自身も自分がおなかの子供に対して不注意であったのではと考えてしまう部分があり、それが彼女の自己の罪悪感や悲しみに繋がっているのだと考えています。敏子の言動は彼女の気持ちをより追い詰める形の言動であったといえるでしょう。

 sabatoranoneko さん重ねてコメント有難うございました。引き続きご高配のほどお願い申し上げます。

 


【2006/04/01 22:04】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/300-b40f89ca
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。