Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
春風(31)
 悟と落ち着いて話ができたことで詩織も少し気持ちが
落ち着いた。少なくとも悟が自分のことを大切に考えて
おり、それが今回の流産で変わることがなかったことが
わかったことが彼女を安心させたのである。もちろん流産
したことで彼女は死んでしまった子供に対してまず一番
申しわけなかったという気持ちが強かったが、その次に悟
に対して申し訳ないという気持ちが強くあった。それは
なかなか妊娠しなかったことで、周りからのプレッシャー
を感じていた中での待望の悟の子供をお腹に宿したにもか
かわらず流産してしまった。(彼女の中ではさせてしまった
という思い込み)ということへの罪悪感であった。
今回流産したことで向こう1年は妊娠は許可されない
という現実がより一層彼女の罪悪感を強いものにしていた。
1年経ってしまうと自分は30になってしまう。いまま
でもなかなか妊娠しなかったのに、年を重ねれば条件は悪
くなる…….。初産での流産……。本当にまた妊娠すること
ができるのかという不安。また妊娠しても流産してしまう
のではないかという不安が彼女を押しつぶしそうであった。
その心の葛藤の中で、表面上は平常を装ってはいたが、
内心のどこかで今回のことで悟から離婚を宣告されること
も半ば覚悟していた部分もあったのである。
 今回話したことで悟の詩織に対する思いが妊娠、出産
の成功の有無で左右されることがないことが確認できた
こと、悟が決して表面上の同情の言葉をかけているだけ
でないことを詩織は確信できた。そのことは逆に彼女の
愛する人の子供が欲しいという気持ちを強くさせた。

(次回につづく)

 昨日の当直はとんでもなく忙しかったです。高速道で
の交通事故の患者さんが2人同時に運ばれてこの対応で
手一杯のところに救急車が絶え間なく患者を搬送されて
くるという状況でここのところでは一番あたった当直で
した……。今日はすこしふらふらの状態で更新しています。
 皆さんお体も医療資源である医者も大切にしてくだ
さいね…..。とりあえずお休みなさい…..。
スポンサーサイト
【2006/04/06 23:58】 春風 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<春風(32) | ホーム | 春風(30)>>
コメント
お疲れ様です。交通事故の患者さん、2人一緒とは大変でしたね。私は車の運転は下手なのでほとんどしませんが、「足」代わりにしている原付ではついつい飛ばしてしまうので、安全運転を心がけないといけませんね。「春の交通安全週間」も始まったことだし…。なるほど、自分を大切にすることが回りまわってお医者さんを大切にすることにもなりますね。不規則な食生活と万年睡眠不足状態の私には、耳が痛い話です…(猛反省)
【2006/04/07 14:38】 URL | punipunipyonpyon #-[ 編集]
punipunipyonpyonさんいつも暖かいコメント有難うございます。

>自分を大切にすることが回りまわってお医者さんを大切にすることにもなりますね。

 患者さんが元気で医者がやることがあまりないのが本当はいいことなんだと思います。でも日本の場合はOECD諸国の中でも人口あたりの医者自体が少ない上に皆保険制度で患者がかかりやすいため患者数が他国より多くため現場での医者数は絶対的に不足しているのが根本的な問題なのですが....。ただでさえ足りない医師が訴訟リスクの上昇で危険度が増す小児科、産婦人科、外科から、楽で収入もそれなりにある皮膚科、眼科、耳鼻科、老健施設などへの逃避が始まっています。地方の大学の医局の産婦人科、小児科、外科への入局者も急激に減少しており大学を維持する人員を確保するのもままならなくなり、大学の各病院からの医者引き上げが急激に進行し全国各地で医療体制の崩壊がすすみつつあります。地方では下手をすると山をいくつか越えないと出産もできない。人口10万クラスの地方都市でも麻酔科がいなくて夜間の緊急手術ができる病院がないなどの状況が進んできています。今後もまちがいなくこの状況はすすんでいくでしょう。そのうち外科医の不足でイギリスのように胃癌の手術が半年待ちで手遅れになるなどということが起こってくるかもしれません。現場にいる医師たちの先行きの見通しは非常に悲観的な状態です.....。その根本的な原因は.....。それはまた機会があれば述べてみたいと思います.....。

 話がだいぶそれてしまいましたが明日と明後日実家に帰ってきます。事故を起こさないように安全運転でいってきます。ブログ2日休みますが今後ともよろしくお願いします。

 重ねていつもお気遣いのコメント本当に有難うございます。
【2006/04/08 00:11】 URL | nakano #-[ 編集]
いつも楽しみに拝見しています。
作品が進むごとに長編になっていき、ますます毎日の楽しみになっています。
今回は、nakano先生の出番はないのですか?それが気になっています。
【2006/04/11 21:50】 URL | mayunn #-[ 編集]
mayunnさんコメント有難うございました。

>作品が進むごとに長編になっていき、ますます毎日の楽しみになっています。
 
 有難うございます。かえって話が冗長的になっていないかと心配していますが、色々患者さんの生活背景をうまく描出しようと色々試みて書いています。今後もmayunnさんに楽しんでもらえるように内容の充実に励みたいと考えています。

>今回は、nakano先生の出番はないのですか

 一応最初の構想では出番がある予定でしたが今後の進行でどうなるか今のところ悩んでいます。今後の話の展開を楽しみにしていてくださいね。

 重ねてmayunnさんコメント有難うございました。
【2006/04/13 20:39】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/306-c1136374
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。