Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
春風(46)
 詩織の出血は次第に落ち着いてきていた。出血の減少
と共に安静も解除されてきていた。それは安心できる事
であったが悪阻が今回はだんだんひどくなってきていた。
 ともかく病院特有の消毒液のにおいで気持ち悪くなって
しまう。食欲も無くなっていた。切迫流産の状態からは
脱却しているようであったが悪阻のひどさで日常生活や
仕事ができるか正直心配だった。また今回の件で仕事を
どうするかもなやんでいた。前回の流産の前は妊娠して
も普通に仕事をして出産の数ヶ月前に産休をもらって仕事
を続けていけるものとぼんやり考えていた。だが前回の
流産の時も職場に迷惑をかけたが、今回は本当にこの状態
で職場復帰できるのかは不明であったし先行きは不透明で
あった。だがここで退職してしまって一段落してまた仕事
をさがしても今以上の収入は得られるとは思えなかったし
この厳しい雇用情勢の中でまた職が得られるかもわから
ない。悟の給料も決して高いものではない。子供ができて
生活していくのには共働きしなくてはならないと詩織は
考えていた。今の職場での正社員の立場を捨てるのは若い
2人にとって経済的には痛手であることは間違いなかった。
 だが1週間、2週間と入院期間が続く状況でこれ以上
職場に迷惑をかけるのも厳しい状況であった。切迫流産
は免れたとしてもこの悪阻がつづいては仕事はできそう
にない。それに退院後に無理に仕事をしてまた本当に流産
ということになってしまったら、いくら悔いても後悔しき
れないことになることは間違いなかった。悶々とした日々
を送っていた詩織はある日見舞いにきた悟に言った。
 「悟さん。わたし、やはり今、仕事やめたほうがいいと
思うんだけど,,,,,。どう思う?」

(次回につづく)

 昨日の当直はかなりハードでした。でも天気がよかった
のでちょっとつらかったのですが家族で遊園地に遊びにいき
ました。子供とふれあう時間が短いので貴重な時間になりま
した。皆さんはどのような連休をお過ごしですか。
スポンサーサイト
【2006/05/05 21:03】 春風 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<春風(47) | ホーム | 春風(45)>>
コメント
当直お疲れ様でした。疲れた中でもご家族と一緒の時を過ごせてよかったですね。お子さんも喜んだと思いますよ♪ 
私も仕事が入っていましたが、自宅でやる仕事だし、急ぎではないので、のんびりとやっていました。でも平日とあまり変わりませんでしたね(汗)
詩織さんの入院は長びいてしまうのでしょうか?私が産後に入院していた時も同じ切迫流産で入院していた方がいました。足音だけで先生や看護師さんの名前をあてるので、入院が長いのかどうか聞くと、7ヶ月と言っていたので驚きました。
【2006/05/05 22:05】 URL | punipunipyonpyon #-[ 編集]
punipunipyonpyon さんコメント有難うございました。

>詩織さんの入院は長びいてしまうのでしょうか?私が産後に入院していた時も同じ切迫流産で入院していた方がいました。足音だけで先生や看護師さんの名前をあてるので、入院が長いのかどうか聞くと、7ヶ月と言っていたので驚きました。

 切迫流産も落ち着いてすぐ帰れる人もいれば延々と帰れないで出産まで入院してなくてはいけない人もいるようです。妊娠早期での切迫の状態だとなかなか退院の見通しがたたないこともあるようで点滴につながれてじっとしていなくてはならないので結構きついものがあるようです。
 やっぱり出産は大仕事ですね。

punipunipyonpyon さんコメント有難うございました。引き続きよろしくお願いいたします。

【2006/05/06 23:35】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/322-fc6a439b
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。