Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
春風(61)
 詩織は重い足取りでホームへの階段を登っていった。
 荷物も最低限にしたがそれでもそれなりの大荷物で
ある。事前に計画したのであれば宅配便で送るのだが
今日の今日思い立ってである。予想していたよりも体
の動きは悪く自由がきかない。失敗したなと彼女は思
った。だが実家にも電話をかけたし、もう行くしかな
いわと自分に言い聞かせて、ホームに到着した電車に
乗り込んだ。ともかく体はだるいし、吐き気が絶え間な
くおそってくる。電車のゆれもかなりつらかった。なる
べく周りに気をつかわせまいと平静を保ったが気をゆる
めると倒れてしまいそうな状態だった。ラッシュの時間
は過ぎているとはいえ、まだ電車は混雑している状態で
あった。正直立っているのがつらい。誰か席を譲って欲
しい….。自分では結構我慢強い方だと思っていたが、そ
んなことも思うほど辛かった。残念ながら彼女に席を譲
る人も出現せず、彼女はふらふらしながらもなんとか電
車を乗りつぐことになった。やっとの思いで、目的地に向
かう総武線の下りの快速電車に乗り込んだ。下り列車はす
いている時間帯であったため詩織はようやく電車の座席に
座ることができた。ほーっと一息つく。「あとはこのまま
我慢していればなんとかつくわ…….。」立っているのが
やっとの状態で途中で倒れてしまったらどうしようと考え
ていた詩織は一安心した。悟に黙ってでてきて途中で倒れ
て悟に連絡されてしまえば悟に余計な手間をかけることに
なるし、まずかなり怒られることは予想された。幸いこれ
ならそのような事態は免れそうであった。列車に乗ってい
る乗客も少ないので詩織は周りに遠慮する必要もなかった。
詩織は座席の傍の窓を少し開けた。外の風があたるだけ
でも少し吐き気がおちつく。なんとか持参した嘔吐したと
き用のビニール袋はつかわないで済みそうだ。S駅につけ
ば母さんも迎えにきてくれるしなんとかなるわ…….。詩織
はそう考えながら疲れからくる眠気に誘われ、浅い眠りに
ついた。

(次回につづく)

スポンサーサイト
【2006/05/27 23:46】 春風 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<春風(62) | ホーム | 春風(60)>>
コメント
詩織さん、かなりの冒険ですね。読んでいてハラハラしています。しかし、7ヶ月すぎてこんなにつわりが続くこともあるのですね。私の時はごく普通で3~4ヶ月で終わった記憶がありますが、それでも立ち上がると気持ち悪いので、ついゴロゴロしながら暮らしてしまいました。詩織さんの大変さはそんなものではないのでしょうね。
【2006/05/28 00:12】 URL | punipunipyonpyon #-[ 編集]
punipunipyonpyon さんコメント有難うございました。

>しかし、7ヶ月すぎてこんなにつわりが続くこともあるのですね。私の時はごく普通で3~4ヶ月で終わった記憶がありますが、それでも立ち上がると気持ち悪いので、ついゴロゴロしながら暮らしてしまいました。

 ほんとに出産のときの女性の苦労には頭がさがります。悪阻は本当に個人差があり、ひどい人だとずーっと入院される方もいらっしゃるようです。うちの妻もかなり悪阻がひどくて大変でした.....。

 punipunipyonpyonさんコメント有難うございました。引き続きよろしくお願いいたします。
【2006/05/28 20:49】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/337-185011c0
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。