Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
春風(104)
 岸本がエコーを彼の胸部にあてて診察する。4チャンバー(心
エコーで心尖部から一度に右心室、右心房、左心房、左心室
を見る観察方法)で岸本がエコーをあてた。心エコーのモニ
ターに画像が映し出される。そこに写った画像をみると私に
もわかる位、右心房、右心室が拡張していた。肺梗塞では
心臓から肺にいく肺動脈の枝がつまることによって発生する。 肺動脈の流れが悪くなってくると、肺に血液を送る右心房
、心室の圧が高まり拡張する。心エコーで右心系の拡張
が確認されるほどの肺梗塞は非常に重症と考えられる。岸本
は少し唸ってから言った。「かなり右心系が拡張しています。
先生がいうように肺梗塞の可能性が高いのではないかと思
います。ともかくヘパリンを開始しましょう。」岸本は看護師
に言った。「凝固系を採血しなおしてもらって、Dダイマーも
項目に追加してもらってください。採血したらヘパリン5000
単位をone shotで、そのあと10000単位を100mlの生食に混
注して時間4で流してください。」岸本は私に向かって言った。
 「右心系があれだけ拡張しているのでかなり太い部分で血栓
が詰まった可能性が高いですね....。かなり厳しいと思い
ます。血圧がでてくれば望みがあるとは思いますが....。」
「循環器外科に頼んで血栓除去手術を検討してもらったほう
がいいでしょうか?」「そこまでもっていけるかどうかで
すけど....。血栓も1箇所かどうか...。静脈造影だけでも
できるといいんですが....。」別の看護師が私を呼びにきた。
「nakano先生、患者さんのご家族がいらっしゃっています。」
岸本が言った。「ともかくSwan-Ganzカテーテルを内頚静脈か
らブラインドでいれておきますよ。透視室におろせなければ
最悪ポータブルで造影してもいい。そんな余裕が残っていれ
ばですけど.....。ご家族には非常に厳しいとお話しておい
ていただいた方がいい。」「わかりました。すいませんよろ
しくお願いします。」私はこの場を岸本にまかせ、家族と
話をするために面談室に向かった。病状説明の準備を慌しく
したのち家族を面談室に呼び寄せた。敏子と司郎が緊張した
面持ちで面談室に入ってきた。2人に椅子をすすめると私は
話はじめた。「突然、お呼びして申し訳ありません。篠崎
悟さんなのですが、本日の朝までは特に問題なく経過して
いたのですが、本日の10時半ころ胸の痛みを訴えて部屋に
倒れているところを発見されました。どうやら肺梗塞を
起こしたようです。」敏子は言った。「肺梗塞ですか....。」
「はい。手術など安静度が高い状態のときに下肢の静脈に
血の塊ができて、なにかのはずみでそれが静脈の流れに
乗って心臓を通って肺の血管を詰める病気なのです。エコ
ノミークラス症候群というのを聞いたことがありますで
しょうか?飛行機の中で長時間座ったままでいて下肢の
静脈に血の塊ができて肺に飛んでいってしまうというやつ
です。あれが肺梗塞なんです。」私は説明をつづけた。

(次回につづく)
スポンサーサイト
【2006/08/22 23:01】 春風 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<春風(105) | ホーム | 春風(103)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/380-44f03037
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。