Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
春風(129)
 ICUの看護師が私に話しかけた。「先生。篠崎さんなんで
すけど.....。」私は問いかけに「ええ。」と答えた。看護師
は言った。「篠崎さん。状態としては回復の見込みは厳しい
と考えた方がいいんですよね....。」看護師は少し気をつかい
ながら言った。「まあ、なんとか頑張っていますけど、正直
なところそうでしょうね.....。」「今、PCPSも回している
しなかなか大変ですけど、個室にそろそろ移した方がいいの
ではないかって話がでているんですよ....。」看護師はつま
りこういいたかったのだった。もう篠崎さんに助かる見込み
はないと考えた方がいいのならICU病室ではなく個室で看取り
の方向にすることを考えた方がいいのではないかということ
であった。「ここではご家族も付き添うことができないで
すし.....。なかなかかわいそうな状況になってきてますし
......。」看護師のいうことにも一理あった。たしかにICU
の病室では家族の付き添いはできない。最低限の面会をする
だけで、待つのは待合室になる。個室に入れば、家族が付
き添えるし、状況によっては泊り込むこともできる。見込
みがないのなら別れの時間をつくってあげるのも大切なこ
とではあるのだ。だが話のもっていきようでは家族が医者
にさじを投げられたとも取られかれない可能性もあった。
「少し考えさせてもらえませんか?」私は言った。「若い
方だし....。まだ頑張ってあげたいところではあるの
で.....。」看護師は言った。「わかりました。一応先生
考えておいてください。」私は静かにうなずいた。

 詩織は毎朝、悟の見舞いにきていた。この病院は面談時間
帯に関してはそんなにうるさくなかったのでいつも朝に顔を
出すようにしていた。だが病院に通っているうちに8時半ごろ
は看護師の申し送りの時間で見舞いにいくにはあまりいい時
間ではないことがなんとなくわかったので8時前後に顔を出す
ようにしていた。今日も8時前に彼女はICU病棟に向かって
いた。廊下を歩いていると彼女はnakanoに行き会った。「お
はようございます。」彼女はnakanoに会釈した。「どうも
おはようございます。」と彼は会釈をした。「あの、先生
忙しいところ申しわけないんですが.....。」nakanoは足を
止めて彼女の方を向いた。「あの。篠崎悟の家内なんです
けど....。主人の状態はどうなんでしょうか?」nakanoは
少し困惑した顔をした。正直なところ状態はあまりよくな
かった。それを話すのはもっと落ち着いたところでした方
がよかった。立ち話できる話でもないとnakanoは考えてい
た。「正直なところあまりいい状態ではありません.....。
今日の採血のデータでは肝障害がすすんできています。
 状態は非常に厳しいですが......。いずれにしてもまた
詳しい話をちかいうちにさせてください。また連絡いたし
ますので.........。」「そうですか.....。」そういって
彼女は引き下がった。nakanoはまた軽く会釈してその場を
去っていった。やっぱり厳しいことにはかわりないのね.
.....。彼女はそう考えて深い溜息をついた。

(次回につづく)
スポンサーサイト
【2006/10/06 23:48】 春風 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<春風(130) | ホーム | 春風(128)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/405-aef877c7
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。