Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
誤報(18)
 救急車が川淀病院に到着した。救急隊員が救急の受付で産婦人
科病棟の場所を確認すると、病棟の方に向かった。救急隊員はス
トレッチャーを陣痛室まで運び込んだ。「ご苦労さまです。」丸
山は救急隊員に声をかけた。「高橋里美さんですね。S市の国立
国際循環器センターまでの搬送ということで、向こうの先生には
連絡はついていますか?」「ええ、周産期科の山田先生にお願い
してあります。」「わかりました。救急車の同乗は先生がいかれ
ますか。」「ええ、私が同乗します。」「わかりました。それで
は患者さんをストレッチャーに移しますので......。」救急隊員
と広川と丸山は点滴や挿管チューブなどに気をつけながら里美を
ストレッチャーに乗せた。そのあと玄関前の救急車に向かう。
 救急車には丸山と夫の大輔が里美とともに乗り込んだ。
 救急退院が無線で連絡する。「こちら川淀救急隊2号車です。
ただいまからO府S市の国立国際循環器センターへの患者の転送
です。ドクター同乗、4時50分川淀病院から出発します。」不安
そうに見送る里美の家族の視線を受け、救急車はS市に向かって
サイレンを鳴らし走り始めた。

 国立国際循環器センターの周産期科の山田は2時に緊急の帝王
切開を終え、患者家族への説明と手術記録記載など終えていた
ところに転送の依頼をうけた。受け入れ可であることを連絡して
丸山と連絡をとっておおまかな概要は確認できていた。1時半から
痙攣発作がおきているとするならば子供が無事か心配だ.....。
 母体が挿管を必要とするほど呼吸状態が安定していないなら
なおさら心配だが.......。
 山田がそう考えながらつかの間の一息をついていると受付から
院内PHSに連絡が入った。「もしもし、山田ですが....。」「先生
今、救急車が川淀病院をでたとの連絡ありました。到着は30分く
らいかかるようです。」「わかりました。」山田はそういうと電話
を切った。

(次回につづく)
スポンサーサイト
【2006/12/25 23:48】 誤報 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<誤報(19) | ホーム | 誤報(17)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/445-6600b4dd
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。