Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
誤報(45)
 9月の初めのある日の昼すぎ、大淀病院の院長室にいた原田の
院内ピッチが鳴った。原田が電話の通話ボタンと押して電話に
出た。「はい、原田ですが.....。」「もしもし、原田先生、外線
で大村さんから電話です。」「大村さんから?」原田の頭に前の
総婦長の大村幸枝のことが思い浮かんだ。原田とも旧知の仲で
ある。引退後も何かにつけて病院に出入りしては口出しすること
もある人物である。先日、その親戚筋の女性が分娩中に状態が
悪化し、転送先でなくなったらしいということは狭い田舎の中
ではすでに知れ渡っており原田も話としては聞いていた。多分
そのことではないかと原田も想像していた。「わかった。つなげて
もらっていいかな.......。」「わかりました。そのままでお待ち
ください。」交換手はそう言って通話を切った。しばらくして
外線の幸枝と電話がつながった。「もしもし、大村です。院長
先生ご無沙汰しています。」「どうも大村さん。久しぶりです。
今日はどうされましたか?」「実は、私の姪孫(てっそん)にあた
る高橋里美という妊婦の子がね、おたくの産婦人科でみてもら
っていたんだけど、分娩中に状態が悪くなって転送先で亡くな
っているんですよ。」「そうですか......。」「それで、亡くなった
のは脳出血だったということでね、産婦人科の丸山先生は子
癇発作だといっていたのに脳出血で亡くなったというのはど
ういうことなんだとうちの親戚の連中が納得できないといって
いるんですよ。」「はい。」「ちょっと説明していただける時間を
つくってもらいたいんですけど.......。」原田は少し考えて言
った。「わかりました、今は状況がどうだったかもわからないの
で、こちらでも調査させていただいてその上で説明をさせても
らった方がいいでしょう。お話できるように時間を設定させて
もらいますので、こちらから連絡させてもらうようにしてもい
いですかね。」幸枝は原田の言葉を聞いて言った。「ええ、なる
べく早く日にちをきめてあげてください。」「わかりました。」
原田はそういって電話を切った。原田は少し考えてから秘書の
三橋に声をかけた。「三橋さん。申し訳ないが高橋里美さんと
いう患者さん。産婦人科らしいんだが、カルテを出してきて
もらっていいかな、それと危機管理の山本君にきてもらうよう
に伝えてもらっていいかな。」「わかりました。手配します。」
「よろしく頼むよ。」原田はそういってふーっと溜息をもらした。

(次回につづく)

 大淀病院の件、立件されませんでしたね。奈良県警もまだ
冷静に状況を把握してくれてよかったというところですか..。

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070202k0000m040168000c.html

奈良妊婦死亡:転送先探し難航の末、立件は見送り
 奈良県大淀町の町立大淀病院で昨年8月、意識不明となった妊婦の高崎実香さん(当時32歳)が転送先探しが難航した末、死亡した問題で、奈良県警は、業務上過失致死容疑での同病院医師らの立件を見送る方針を固めた。死因となった脳内出血と、担当医が診断した子癇(しかん)発作との判別は困難で、刑事責任を問えないと判断した。今月中に遺族に捜査の経緯を説明し、最終判断する。

 病院側は問題発覚直後の会見で、「脳内出血でなく、子癇発作の疑いとした点で判断ミスがあった」と発言。県警は任意で提出されたカルテなどを基に専門家約20人に意見を求めたが、脳内出血と子癇発作は、意識喪失やけいれんなどの症状が似ているため識別が困難との意見が大半を占めた。さらに、遺体が司法解剖されず、法医学的な証拠に乏しい点も捜査を難しくしたとみられる。

 高崎さんは昨年8月8日午前0時ごろ、分娩(ぶんべん)中に意識不明に陥った。19病院に受け入れ不能とされた。結局、約60キロ離れた国立循環器病センター(大阪府吹田市)に搬送され、男児を出産後、死亡した。【高瀬浩平】

毎日新聞 2007年2月2日 3時00分

 今回は転送先難航の末とちゃんとした日本語で記事にしてくれま
した。毎日の記者もきちっと勉強して取材して、これが病死であった
ということを理解してくれれば、遺族もさらし者にされることも
なかったし、奈良の産科医療が崩壊することもなかったのですが..。
 さすがにたらいまわしという言葉はあやまりであったということ
はわかったようです。6時間放置など明らかに病院に対しての名誉
毀損だとおもいますが、お詫びや訂正はないんですね......。

 医学的に妥当な診療行為が行われていても病死したら医者のせい
にされてしまうのは、火事で家が焼けたら、消防隊の火の消し方
が悪かったから全焼した、賠償しろといっているのと同じレベル
なのですが.....。海でおぼれている人を助けられなかったレスキュー
隊が訴えられたら、だれも命をかけてまで人を助けたいと思わない
ですよね....。家族を亡くした遺族の動揺もわかるし医者に責任を
向けたくなる気持ちはわからなくもない。だがそれを癒してあげる
どころか、スクープのために病院に対する憎しみをあおって遺族の
苦しみを倍増させただけ。遺族を利用するだけ利用して立件され
なければポイ。(まあ無理やり民事を遺族に起訴させてもっと
利用してやれと考えているかもしれないですが.....。)

  事実を捏造してもスキャンダラスな記事を書く。事実が捻じ曲げ
られていてもかまわないし、反省も謝罪もなし......。

 私は今回の事件ではマスコミは大淀病院と、なくなった方のご遺族
そして今後、路頭に迷う奈良南部の妊婦の方々に心から謝罪してもら
いたいと思います。その影響と罪の重さは納豆の捏造事件にもおとら
ないと思いますが.....。 
スポンサーサイト
【2007/02/02 23:40】 誤報 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<誤報(46) | ホーム | 誤報(44)>>
コメント
おっしゃる感じ良くわかります。
日本のマスコミ(特に毎日)に良識が欲しいです。

【2007/02/03 21:14】 URL | メタボリックおじさん #-[ 編集]
メタボリックおじさん さんコメント有難うございました。

>日本のマスコミ(特に毎日)に良識が欲しいです。

 そうですね。マスコミや新聞はやはり与える影響が大きいですから.....。先入観や決め付けが
先行して、充分な勉強することもなく都合のいい情報だけ選別して報道することがどれだけの人を傷つけ、振り回されてしまうかということを自覚するべきであると思います。だからこそ報道の倫理が厳しく問われるのだと思いますが...。

 メタボリックおじさん さんコメント有難うございました。ひきつづきよろしくお願いいたします。
【2007/02/03 22:39】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/472-b6ff1195
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。