Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
誤報(59)
 大村幸枝が言った。「丸山先生、それであの子は循環器
センターで脳出血でなくなっているの。意識障害は脳出血
のせいだったんだとおもうんですけど、それについてはど
うお考えなんでしょうか?」「結果的にはそういうことに
なりますが、状況として診断は困難だと思います。分娩最中
に血圧が上昇した状態で痙攣を起こせばまずほとんどの産婦
人科医は子癇発作を考えるでしょう。実際、マグネゾールを
使用して痙攣発作は収まりました。子癇発作でも、脳出血
でも当院で対応できるものではなく、転送先を探さなくて
はならない状態なのはかわりないです。治療で何か大きな
誤りがあったということではないと考えます。」「でも
診断が誤りだったのは事実ではないですか?」「状況として
診断をつけられない状況で治療を行わなくてはならない事
はよくあることです。診断がつけられなくても命にかかわる
事態が起こっていれば呼吸や循環動態に関して維持する治療
を行いながら診断を同時にすすめなくてはならない事態と
いうのは臨床の場でしばしばあることは大村さんもご存知
のことでしょう.....。」「でも、CTをとれば脳出血はわか
ったのではないですか?」「大村さん.....。当院の放射線
科の体制はご存知でしょう。技師を呼び出して、CTを立ち
上げるまでに1時間近くはかかるでしょう。一刻も早く転送
先を探さなくてはならない状態で、問い合わせをしていた
のはあの場にいた大村さんも知っているでしょう?いつ受け
入れ可能とどの病院から連絡がくるかもしれないという状態
でしたし、可能性の高い子癇発作は安静が第一です。CT室
まで運ぶ間に急変するかもしれない状態でした。人手のない
当院でCT室に搬送したりCTとっている間に何かあったら対応
できないことはわかっているはずです.....。」原田が口を
はさんだ。「それに、脳出血がわかったとして、脳外科が
妊婦を受け入れると思うかい?妊婦の脳出血の経験がある
脳外科医などほとんどいないですよ。非常にまれな不幸な
患者さんだと思います。私も脳外科だが、妊婦さんに出して
いい薬は何かなんてわからないんだから。風邪薬だって出す
のに気をつかう。ロキソニンやバファリンみたいな熱さまし
だって禁忌なんだろう?丸山先生。」「ええ、胎児の動脈管
を閉じてしまうので胎児死亡を起こす可能性があるので...。」
「ましてや、分娩最中で子宮口も開いている状態で自信を
もって受け入れられる施設なんてないと思います。かえって
子癇発作という診断だったから受け入れ先が見つかったと考えた
方がいい。脳出血とわかったらどこも受け入れなかったで
しょう。最悪、お子さんごと当院で死んでしまった可能性が
高いと思いますよ.......。」「そうはいっても誤診は誤診
でしょう?」「その点はそうですが、脳出血としても行った
治療に関して大きな問題となることはしていませんし、診断
がついたからといって結果がいい結果になったとは思えない
ですが.........。」丸山は少し困惑気味に答えた。

(次回につづく)
スポンサーサイト
【2007/02/27 22:41】 誤報 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<誤報(60) | ホーム | 誤報(58)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/487-b800def2
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。