FC2ブログ
ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤報(75)
 青山と島田は結局、家族との接触ができないまま
病院との会合の日を迎えることになった。青山は島
田に言った。「結局、家族には会えないままになっ
てしまいましたね。」島田は言った。「まあ仕方な
いさ。とりあえず病院との約束の日はきてしまった
から、また家族さがしはつづけていかなくちゃなら
ないけどね。」「どの程度、病院側は話してくれ
るでしょうか?」「まあ、病院側も警戒しているだ
ろうから.....。まあ話してみて、状況をみはからっ
てこれを出してみるというものかな。」島田はファ
ックスされてきたカルテのコピーをもって言った。
 「でもそれをみせたら病院は丸山医師に会わせて
くれないかもしれないですよ。」「うーんそうかも
しれないね。難しいところだが....。」「ともかく
は産婦人科医療の取材という申し込みで押していっ
たほうがいいのではないでしょうか?それで丸山医
師に会える見込みがあれば丸山医師に会ったところ
でそれを出した方がよさそうな気がします。」「そう
だな。それで丸山医師と話せる見込みがなさそうなら
このことについて聞いてみるというのがいいかもし
れないな......。」島田は歩きながらそうつぶ
やいた。

 青山と島田が医局秘書に連れられて病院の会議室の
一室にやってきた。医局秘書は彼らに椅子を勧めた後、
部屋を出ていった。しばらくして白石と高田が会議室
に入ってきて一礼した。「どうもご苦労様です。私、
総務課長の白石と申します。こちらが事務長の高田で
す。」「どうも失礼いたします。」青山と島田は立ち
上がると軽く返礼した。

(次回につづく)

 昨日は帰りが遅くなって更新をあきらめました。
 今日も少し帰りが遅くなりました。ちょっとお疲れ
モードです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

アメリカの人口二億五千万 医療費四百兆
日本の人口一億二千万 医療費三十兆

パチンコ産業 三十兆
葬儀産業十五兆

狂っているのは誰でも分かる

お医者さんが1年間に見る平均患者数。

スウェーデン>650人
アメリカ>2300人
日本>8700人

結論:これ以上の超過労働は無理。

以上
boo | URL | 2007/03/24/Sat 18:32 [編集]
booさんコメント有難うございました。

 日本が世界でもかなり低コストで高いパフォーマンスを出していることは国際的には知られていることですが、国民はどうもわかっていないようです。マンパワーとコストをかけなくては医療の質は保てないということは冷静に考えればわかることなのですが.....。医師たちが超人的な努力で支えてきた日本の医療もいよいよ崩壊の時をむかえつつあるようです。なんとかこの流れを止めることができればと思いますが、もうpoint of no returnの状態なのでしょうか.....。私はまだ希望を捨ててはいませんが.....。

 booさんコメント有難うございました。引き続きよろしくお願いします。
nakano | URL | 2007/03/25/Sun 15:55 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 藪医者の独り言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。