Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
誤報(82)
 「もしもし、こちら青山というものなんですけど。大丸日典
さんですか?実は先月の18日に高橋里美さんという方の告別式
がありまして、そちらの葬儀屋さんでやってくださったかどう
か確認したくて......。ええ実は彼女の高校の友人なんですが
どうしてもご家族にお渡ししなくてはならないものがありまし
て....。連絡先がどうしてもわからなくて、そちらでわかれば
電話番号だけでもお聞きできればと.....。」丸山から情報を
得ることに失敗した青山は川淀町周囲の葬儀社を片端から電話
をかけ家族の連絡先を聞くことにした。死んだ母親の名前と
告別式の日にちがわかれば葬儀社をあたれば家族の連絡先が
わかるかもしれない.....。そうかんがえた青山は川淀町と大吉
野郡周囲の葬儀社をあたることにした。葬儀社も都会のように
多いわけでもないしあたるとすれば数社だ.....。青山は里美の
友人をかたって連絡先を聞こうとしたのである。

 編集部で島田と井出が話しあっていた。「青山君が直接、丸山
医師に取材をこころみたのですが、ほとんど相手にされなかった
ようです。」「まあ、そうだろう。病院側も医療ミスを隠したい
と思っているだろうし、当事者には緘口令もしかれていることだ
ろうからね......。」「どうしますか、やはり病院にもう少し
つっこんで聞いてみるか、遺族に話を聞ければいいんですが...。」
 「病院側はまた取材させてくれそうなのか?」「今のところは
また追って連絡するのでということにはなっていますが.....。
どうでしょう。」「うーんそれはどうだろうかな......。そのまま
になってしまうかもしれないね。」「医療ミスの疑い?ということ
で記事にしてしまえば、病院もそのまま黙っているわけにはいか
ないでしょう。カルテの写しもあるし、見込みで記事にしてし
まってもよいと思うのですが......。一応、某病院の脳外科の先生
には意識障害の患者で脳出血を考えないというのはありえないとい
うコメントはもらっていますし、誤診ということは確かでしょうか
ら.....。」島田は井出に向かって言った。「記事にしてしまえば
病院も黙っていることはできなくなるだろうということかな?」
「端的にいえばそういうことになりますかね.......。」「うーん。
せっかくのスクープだ。記事にすれば家族も手をあげてくれるか
もしれないしね......。悩むところだが......。」話していると
ころに島田の携帯電話が鳴った。島田は井出に一言すいませんと
いうと電話をとった。「もしもし、島田ですが.......。」「いそ
がしいところすいません。島田さん。青山です。家族の連絡先が
わかりました。」

(次回につづく)

 一応注釈しておきますけど、島田がその脳外科の先生にいた
だいたコメントは意識を失った患者さんに対して脳出血をかんがえ
ないということはあるかという質問に対してのコメントという
設定です。(意識障害をおこした妊婦でないところがミソなの
を一応理解しておいてくださいね......。)

 人が減ってすこし忙しモードです。7月には一人増やしてもら
えるとの希望的観測もあり、それまで頑張ります。でも月初めで
レセプト詳記の山に追われ、4月下旬の消化器病学会(また青森
なんですよ....。遠い.....。行くのも帰るのも大変.....。)
の準備もあってちょっときつい状況ですね.....。ばてない程度
にブログ更新していきますね.....。
スポンサーサイト
【2007/04/05 23:48】 誤報 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<誤報(83) | ホーム | 誤報(81)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/510-a27e2627
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。