Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
誤報(84)
 青山と島田は約束どおり家族の話を聞くために高橋家を訪
れた。新聞記者がくるということで、夫の大輔と大輔の両親
である英雄と雅代、里美の両親の大村龍雄と敏江が家にきて
いた。青山は家族を前に切り出した。「それでは、里美さん
が転送になった時のことについて教えていただけますか?」
大輔は話を始めた。「前日に陣痛が遅れているということ
で陣痛の誘発のために入院になったんです。陣痛と吐き気が
あって点滴してもらっていました。途中までは分娩は順調
だったようでした。おかしくなったのは夜の0時ころでした。
意識を失って、丸山先生が呼ばれました。丸山先生は診察
して、分娩の痛みによって意識を失ったのだろうと言って
いました。内科の先生にも診てもらって、内科の先生は頭
に何か起こっているかもしれないと言っていたと思います。
確か、頭のCTも撮ったほうがいいのではないかと言ってい
たと思うんですが.....。結局、そのまま経過をみますと
言われたんです。里美はそのまま放りっぱなしで....。
痙攣をおこしたのは1時半ごろです。それから丸山先生は
あわててやってきて、子癇発作だと言ったんです。痙攣
発作を抑える薬を使って状態をみているが、この病院では
診れないから他の病院に行ってくれって言われました。」
「そうですか.....。」横から龍雄が言った。「その1時間
半の間どうしてたのかと聞いたら、寝ていたっていうんで
す信じられますか?」「すると、丸山医師は内科の医師が
頭に異常があるのではないか、CTをとったほうがいいのでは
ないかという意見を無視して分娩の痛みのための失神だと
決め付けて、患者さんを放置していたということですね。
その間寝ていたと....。そうですか.....。」「子癇発作
ということでなんでも胎児のための新生児集中治療室が
ある病院じゃないとだめだと言って.....。それで数え切れ
ないほどの病院に次々に断られて....。最後に国立国際
循環器センターに転院になったんです。そうしたら脳出血
っていわれて.....。」「なるほど、子癇発作だといわれた
のに実際には脳出血だったと.....。」「脳出血だったら
もっと早く病院を見つけられたかもしれないのに、誤診
したがために病院がみつからなかったんです......。」
 大輔は涙を流しながら話した。

(次回につづく)

 大分暖かくなってきて桜も咲いてきましたね。本編の方は
ここらへんあたりから事実と異なる内容の報道がされていく
経過をうまく描出していければと考えています。今後の物語
の顛末を楽しみにしてくださいね。
スポンサーサイト
【2007/04/08 23:09】 誤報 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<誤報(85) | ホーム | 誤報(83)>>
コメント
この話は、初めて知りました。
やはり、見込みで記事にしようとして。
家族を誘導尋問して記事を書いたんですね。
【2007/04/09 20:21】 URL | Dr. I #sSHoJftA[ 編集]
Dr Iさん。コメント有難うございました。

<やはり、見込みで記事にしようとして。
家族を誘導尋問して記事を書いたんですね。

 いえいえ、これはあくまでも例の事件をモデル
にしたフィクションですのでそう思い込まれると困ります。あくまでも例の事件をモデルにした私の中の創作ですので......。誤解のないようにお願いします。ただ、実際にはこの話より現実はもっとどろどろしたものだと推定されますけどね。多分こうやってあの記事が書かれていったんだろうと思っています。私はフィクションと断って書いていますが、M新聞は決め付けで報道して真実を報道していますのような顔をしているのがゆるせませんね。

 Dr.Iさん。コメント有難うございました。引き続きよろしくお願いします。
【2007/04/09 21:43】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/512-21af5d2b
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。