FC2ブログ
ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤報(87)
 原田は言った。「なんてことだ......。またずいぶん
大々的にかかれたものだな.....。」「毎朝新聞は全国紙
ですから.....。早々に病院周囲にマスコミがはりつくで
しょう。一回記者会見をしておかないと、また隠蔽だの
情報隠しだのと報道されるでしょうし.....。」「しかし
この記事はひどいな.....。内科の竹内君はCTをとるのを
勧めてはいなかったようだが、丸山先生も徹夜に近い状態
で患者さんの治療にあたっていたはずなのに6時間放置と
は.....。ともかくなんとかしなくては.....。職員から
勝手なコメントをとられては困る.....。朝礼のときに職
員にはマスコミのインタビューを求められてもご家族
と話し合い中で個人的な情報はまだ話ができないのでと
いうことでインタビューには応じないように各部署の責
任者に伝えることにしてあとはマスコミに対しての記者
会見だな.....。今日の午前中は外来があるから、午後の
3時ごろ記者会見をするということで各マスコミにファッ
クスを流してくれるかい。各社とも夕方の6時のニュース
に間に合わせたいとかんがえているだろうから、その方が
病院内に入り込まれたりするのを予防することができる
だろう。彼らはまず画像が欲しいから何をしでかすかわか
らないからな....。あとご家族に、記者会見があることを
連絡しておいて欲しい。その他は危機管理室の方と相談し
て方針をたててくれ。」「わかりました。」この記事では
丸山先生が一方的に悪者にされてしまっている......。こ
このところのマスコミの医療報道の流れからすると、また
医療ミスと決め付けての報道になるだろう。こちらに手落
ちがないとしてもそれをうまく伝えられるかどうかもわか
らない......。記者会見はかなり厳しいものになるだろう
....。覚悟しなくては.....。原田はそう考えていた。

(次回につづく)

 明日は当直でブログ更新はお休みです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 藪医者の独り言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。