FC2ブログ
ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤報(125)
 「無くなった里美さんの大叔母にあたる方の知り合いが
左よりの政治団体とつながりがあるらしく、そこの関連の
弁護士さんと相談しているということですが.....。」「報
道関係のインタビューでも、裁判にするしかないですよね
などと言っていたじゃないか。その方向で話をすすめている
のではないのか?」井出の言葉に島田は少し考えてから言
った。「そうはいっても......。遺族側としても警察が動い
て刑事裁判がはじまって、病院と医師の責任を追及しても
らうことを期待していたでしょうから.....。ネット上では
医療関係者達が騒いでいたようですが、報道はどの局も
新聞も遺族側についていましたからね......。警察もマスコミ
の動きにひきずられて動いたという経緯もありましたから
当然立件してくれるものと思い込んでいたところもあったで
しょうし.....。刑事事件で立件されて有利な状況で裁判を
起こしたいというところだったでしょうし、今回の立件見
送りで出鼻をくじかれた感じでしょう......。すぐに民事
訴訟を起こすということはないと思いますが........。」
「そうか.......。だが、遺族としてもこのまま引き下がる
ことはないだろう.....。」「ええ、でも県警が立件を断念
したのは痛いのは事実ですが.........。」島田は呟くように
言った。

(次回につづく)

 今週は重症患者さんを複数かかえてバテ気味です......。
 更新が途絶え途絶えですいません....。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 藪医者の独り言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。