FC2ブログ
ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会にいってきました(2)
 当直はさんで更新が間空いてしまいすいませんでした。

 それで前回の続きですが.....。

 マスコミの代表ということでフジテレビの黒岩さんが呼ばれて
いました。黒岩さんが言っていたのは医師会は開業医の団体で
開業医の利益だけを追っていて勤務医の意見が代表されていな
いのが問題であるということをおっしゃっていました。それは
まあいいとして、開業医が楽をして稼げるようになっているのが
問題。昔の開業医は夜でも患者を見ていたが、今の開業医の先生
はビルで開業して夜はいなくなってしまう。昔の開業医のように
夜でも対応できるようになっていないのはおかしいとおっしゃっ
ていました。多分、いまの患者さんの要求の高さが問題だという
ことがわかっていないんだろうなと思いました。昔は開業の先生
も尊敬されていて、とりあえず夜間対応してもらえるだけでも
感謝されたものですが、今ではちょっと頭を打ってもCTとらない
といけない雰囲気だったり、夜間でもなんで専門医がいないんだ
と救急外来でわめく患者さんがいたり(9割以上は翌日までみて
全然問題ない患者さんなのですが....。)それで何かあれば
すぐ裁判沙汰になったり、警察沙汰になったりですから.......。
 開業医が夜間の救急患者をみたり、患者さんを抱え込める状況
でないことがわかっていない。その患者さんの理不尽な要求が当
然であるかのようにあおったのが自分達マスコミだということも
全く理解していないんだなと思いながら聞いていました。
 ロハスメヂィカルの川口さんのお話は先生方が大変だ大変だと
おっしゃるけれども、患者さんは先生達が大変だということを
全く理解していない。患者側からすれば別に自分達な先生方に
そんなに忙しくしてくれと頼んだ覚えはない。勝手に先生方が
忙しくしているだけでしょう。そんな医療者は医療の聖職者であら
なくてはならないというのは変で、人間なんだということを考えて
広報していくべきではないかというお話でした。まあそれは最も
なんですが、医者が聖職者でなくてはならない。患者の要求には
なんでも答えなくてはならないしそれがあたりまえだと洗脳して
きたのはあなたたちマスコミであることを忘れているんだなあと
感じました.....。黒岩さんは福島の大野病院事件のことはマスコミ
も反省するべきところがあるとおっしゃっていましたが、大淀病院
のことは触れなかったですね。上西先生たちも大野病院事件について
は触れましたが大淀病院事件は触れなかったです。マスコミの人
呼んだから少し気を遣ったのかもしれません。

 ただ黒岩さんと川口さんの話を聞くかぎりは医療に対してのマス
コミの報道のあり方の問題に関してはやはりわかっていただいてい
ないなというのが印象でした。でも本当は医療界自身がそのような
マスコミに働きかけていく広報部門の充実が必要なのだというのは
はっきりしているのですが......。ともかく財務省は世界でも医療
費は少ない方であること、国が他の国とくらべて公費からの支出も
少ないことは認めているわけで、当然医療費や福祉の費用が財政破綻
の原因でなかったこともはっきりしているわけですから、これ以上の
医療の荒廃を避けるためにもせめてG7の平均なみの医療費と医師数を
確保してもらえるようにしていただきたいところです。


長々とすいませんでした。次回からまた誤報の連載始めます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

nakano先生様 初めまして。こちらのホームページを全て読ませていただきました。山本周五郎氏を彷彿させる素晴らしい作品がばかりで感動致しました。温かくとても深い根底から淡々と語られてます。『雪中花』等、題名も素晴らしいと思いました。
ところで2007年7月で中断されてますが、お体を壊されたのでしょうか?とても心配です。
KITA | URL | 2008/02/01/Fri 23:07 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 藪医者の独り言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。