Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
大野病院事件無罪.......。検察は控訴しないでほしい......。
 どうも御無沙汰していました。色々忙しく、転勤もあったりでブログ自体もお休みしていました。
 1年以上、放置状態になっていてすいませんでした。今もまだ忙しくて持続して更新する余裕がまだなさそうなのでどうしようかと思っていましたが、今日は大野病院事件の地裁の判決がでましたのでそれに対しての雑感をアップしたいと思います。

 まずは亡くなられた妊婦様のご冥福を心からお祈りします。

 今回の判決の骨子は以下の通りでした。

【判決骨子】

 一、被告の加藤克彦医師は無罪

 一、子宮に癒着した胎盤のはく離を継続したことは標準的な医療措置

 一、胎盤はく離を中止する義務はなかった

 一、被告が警察に報告しなかったことは医師法違反罪に当たらない



 今回の事件は患者さんに関しては病死と考えられます。大まかな経過は

・妊婦さんに前置胎盤が分かったので出産時の危険性を説明して医大などの設備の整った施設での分娩を勧めたが、ここの病院での分娩と子宮温存を希望した

・希望に沿って大野病院で出産することになったが、予見できなかった癒着胎盤が存在して力を 尽くして処置したが、子宮温存は困難と判断して摘出行いなんとか救命できたかと思った直後に 心停止に至り、母体を助けられなかった →出血性ショックではなく肺梗塞や羊水塞栓の可能性もあったようです(これは不可抗力)

・病院・医師の処置や判断や手続きに過誤は認められなかったが、不幸な結果に至ったことに対して 遺族に全く償いがされないことはあまりに非情ではないかと病院内部で検討して”、過誤”があったことにして病院から賠償金を支払う決定をした

・遺族はそれでも執刀した医師に対する恨みは消えず、遺族とともに墓参りに同行した際に墓前での土下座を要求し医師はそれに従った

・福島県警・福島地検は”医療過誤あり”との病院から遺族になされた報告に業務上過失致死罪が適応されると判断・母体死亡から一年以上経過してから、妻の出産を控えている時期に医師を逮捕

・マスコミが医療過誤として報道するが、癒着胎盤という疾患の難しさを知る医療界は全国で不当逮捕ではないかと疑問の声が出る

・しかしそのような抗議を無視して地検は起訴を決定

 医療界は横浜市立大の患者取り違え事故に関しては報道や判決に抗議することはありませんがこの事件に関して抗議しています。それはそのままでは母子共に死んでいたはずの状態を母体は助けられなかったがなんとか子供は救ったというむしろ感謝されてもいいはずだったのに、母親は病死であったはずであるのに事故あつかいされ、犯罪扱いされたことにあります。マスコミの報道をみると病態を理解できないのに遺族の一方的な見解を流し、どうしても医療界が圧力をかけて事件をもみ消したという印象操作をしたいようですが、遺族の意見や見解がもしかしたら思い込みだけかもしれない。かならずしも正しいとはかぎらないかもしれないということを考えるべきであると思います。

 地検も求刑禁固1年、罰金10万円ということで裁判の経過の中でこれは正直、起訴は失敗したなと思ったのだろうと思います。地検が起訴しなければK医師は遺族に謝罪し、病院は慰謝料を遺族に払い民事で収まったはずだったのです。いたずらに地検が起訴したがために遺族と病院、医師との溝は埋まらないものとなり、病死でさえ結果責任が問われる、罪人にされてしまう可能性があるという恐怖感から全国的に医師は第一線から去っていくことになりました。外科医である私も日々怯えながら医療を行っているというのが本当のところです。地検は控訴をやめこれ以上医療界をかきまわし、当事者の方々の傷を深める事をしないでくれるように心から願っています。

 また少し余裕ができたら定期的な更新をしたいと思います。すいません。
スポンサーサイト
【2008/08/20 18:18】 管理人雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<大野病院事件 判決要旨 | ホーム | 誤報(135)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/566-ba9cc39c
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。