Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
嘘(9)
 昨日は緊急手術でそのまま泊り込みになってしまい
更新できませんでした。すいません。取り合えず帰って
これたので寝てしまう前に更新しておきます。

 彼女は食事がたべることができなくなっただけではなく
嘔吐を繰り返すようになった。手術で狭いところの迂回路
をつくったが、そのバイパスの上流で腸管が食われたもの
と思われた。鼻から胃にチューブを入れ(経鼻胃管)胃の
内容物を排出できるようにした。これで嘔吐は落ち着いた
が彼女のイライラは次第につのってきていた。

 そして、ついに彼女の怒りが爆発する。それはある日の
午後のことだった。腰椎麻酔の小さな手術をしているとき
に病棟から電話がかかってきた。「先生、○○さんが病棟
で騒いでいて大変なんです。病棟に降りられますか?」「
今、手離せないんだが、20分後ならいけるけどどうしたの?」
 「点滴も胃管も引き抜いて、もう帰ると言い張って聞か
ないんです。」「娘さんはいるの?」「娘さんもきていて
話しているんですけど全然言うこと聞かなくて、ともかく
先生を呼べって...。」「手術終わったらすぐ降りるから
といってください。今は無理です。」急いで手術を終え、
患者を病室に送りご家族に手術の説明を行ったのち、慌てて
彼女の病室に向かった。彼女は私をみるなり開口一番にがなり
たてた。「来たな、このやぶ医者!ちっともよくならない
じゃないか。もうあんたらに体をいじくり回されるのは
ごめんだ。もう私は帰るから!」「お母さんやめて!」長女
は言った。「すいません先生、母が失礼なことを。」「なにが
失礼なもんか!どうなんだい。もうわたしゃだめなんだろう。
気休めばっかり言いやがって、ちっともよくなりゃしない。
 手術までして、元に戻ったんじゃ意味ないじゃないか!」
 とても冷静に話ができる状態ではなかった。彼女の気持ち
はよくわかった。この間彼女はずっと彼女にとっての
大切な決定事項の蚊帳の外に置かれ続けて来たのだ。不安に
苛まれつづけてどうしていいのかわからない状態にされて
いた。それがついに爆発してしまったのだ。しかしこの場を
なんとか治めなくてはならない。「○○さん。家にはいつでも
帰れます。一旦冷静になって話合いませんか?」「もうだま
されないよ。あんたの好きにはさせないから。」これは難しい
状況だなと思った。娘さんに言った。「どうですか、本人は
もう入院は耐え切れないようですし、一回家に帰って冷静に
なってもらっては?」多分、無理に引き止めても彼女は病院を
自分で離院するのは目に見えていた。「それは困ります。家
で見れるわけないじゃないですか!だめですそれは..。」
 患者は入院はもう駄目だ、医療スタッフも信用できないと
いっている。家族は家には帰ってきては困るという。方法は
他にはなかった。私は看護師に言った。「セルシン(鎮静剤)
2分の1アンプルを筋注してください。」私はとりあえず患者
さんを薬で眠らせることにした。
(次回につづく)
スポンサーサイト
【2005/04/27 22:49】 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<嘘(10) | ホーム | 嘘(8)>>
コメント
お疲れ様です。緊急手術も、ブログのお話の内容も… 全員が心理的にズタズタになってしまいますね。読んでいるだけの私まで、一人一人の気持ちを考えると心が重くなってしまいます。やはり、子供の頃に習った「嘘をついてはいけない」の一言につきるのでしょうか…?
【2005/04/27 23:41】 URL | punipunipyonpyon #-[ 編集]
とても辛い状況ですね
未告知という壁があって、医療者サイドは全力で治療にあたれず
家族も(一応)お母さんのことを一番に思っての未告知の決断
そして一番辛いのは何も知らない患者本人。。。
そのような状況なら、うちの病棟でもまずいったん家に帰します
でも、それでも引き取らない長女さんには何か理由があったのでしょうか。。。?
【2005/04/27 23:59】 URL | mimimi #-[ 編集]
 どうもコメント有難うございます。この患者さんの場合は、もともと他の病院で告知しないという方針のままでこちらに飛び込みで来てしまったため、前からの経過と説明との整合性をとるのがむづかしく、病状悪化とともに説明が破綻してしまうという悪循環に陥ってしまったと思っています。やはり話すなら最初に病名を告げ、それに対しての明確な治療方針を示して安心させてあげるのが一番だと個人的には思っています。明確な方向性や道筋を示してあげなくては患者さんが不安になるのは当然です。逆に、癌という病名がついてもしっかりとした見通しをたててあげれば大抵の人は病気に立ち向かっていきます。我々が当たる患者さんは大体60代~70代が殆どで大体人生の辛いも甘いも乗り越えてきた人々でちょっとやそっとで根をあげません。周りにも同じ病気の人が同世代にいて病気の事もよく知っていらっしゃいます。本人にとって大切な情報を回りの勝手な思いで隠さなくてはならないというのは実は周りのその人にたいする見くびりなのではないかとも思うことがあります。これはあくまでも個人的な見解で異論はいろいろあることと思いますが..。ただご本人に悪いお話をしなくてはならないときはそれなりにタイミングを考えて、かなり気をつかって充分な時間をかけてお話させていただくように心がけています。

 重ねてコメントありがとうございました。
【2005/04/28 23:22】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/57-190f6e95
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。