FC2ブログ
ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芝桜の咲く丘(23)
 なかなか忙しくて更新まで手がまわらなくてすいません。休み休みすすめていくのでよろしくお願いします。


 仕事場で端末に向かっていた雅哉に同じ開発部の堀内が声をかけた。「木下さん。外線から電話です。なんでも大学の同窓会の件で光村さんて女の人からですよ。」雅哉は端末から顔を上げると「わかった。こっちに電話回してもらっていいかな。」と答えた。「わかりました。」そういうと堀内は電話を木下の内線に転送した。「もしもし。木下ですが。」「もしもし、光村です。」「光村さんか。久し振りだね。サークルのOBの同窓会の幹事をやらされているのかい?御苦労様。」「木下君。それは電話を回してもらうための方便よ。実は木下君に伝えなきゃいけないことがあって.......。」詩織の言葉を聞いて雅哉は「ちょっとまって....。」といってまわりを見渡した。堀内は別のセクターでの仕事に集中しているようだった。富岡は外に出ている。雅哉は頭を低くして受話器を手でおおって少し声を抑えて言った。「おい、いきなりなんだい。個人的なことなら職場は困るんだけど。」「周りの目があるので困るのはわかるんだけど、あなたにとって大事なことなのでそのまま聞いて欲しいの。実は、里美のことなんだけど.........。」「里美の事?」「あなたは里美のお父さんの事は知っていたかしら。」「いや、くわしいことはわからないけど........。」「山内吉男といえばわかるわよね。」「えっ?ちょっとまてよ。」「そうなの。山内ディーゼルの社長よ。」「そうなんだ。それは少しびっくりしたな。」「問題はここからなの。社長は里美がけ落ちした相手があなただと思っている。それで娘が死んだのはあなたのせいだと考えているわ。そのことについてどうしても詳しい話をしておきたいの。」「突然いわれてもびっくりだよ。光村さんと久し振りに話ができたと思ったら.......。わかった。とりあえずまた電話をもらえるかな。ここでは話はしずらいからね。」「ええ。」「ぼくの携帯番号は090-×××▽-□○▼■だから。」「わかった。何時くらいだったら電話していいかしら。」「じゃあ昼休みに外にでれると思うから12時半くらいに携帯に電話もらえるかな。」「わかった。じゃあまた連絡するわ。」「それじゃ。」そういうと雅哉は静かに受話器をおいた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2010/02/08/Mon 05:41 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2012/11/01/Thu 18:36 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2012/11/08/Thu 12:43 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2014/07/17/Thu 15:42 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2014/07/17/Thu 18:31 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2014/07/17/Thu 21:34 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2014/07/24/Thu 07:34 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2014/07/28/Mon 07:49 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2014/08/06/Wed 08:38 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2014/08/08/Fri 19:36 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 藪医者の独り言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。