Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
花菖蒲(4)
 彼の術後の経過はまずまずであった。造影検査で吻合部の漏れ
がないことを確認し食事を開始した。最初はなかなか食事の摂取
量が増えなかったが摂取の仕方のコツをつかんだのか食事開始
1週間くらいでまずまずの摂取量になった。ある程度元気になった
ところで取った胃の写真をお見せする。腫瘍は胃の下2分の1ほど
を占めていた。「あっー。結構大きかったんですね。これじゃ
食事も食べられなくなるはずだ。」彼は写真をみて術前の病状を
納得できたようだった。食事も食べられるようになり、胃全摘後
の栄養指導をうけた。病理の結果が戻る。病理の結果は術中診断
と同様にpSS N2であった。顕微鏡的な所見ではly2 v3(顕微鏡で
リンパ管と血管にかなりがん細胞が入り込んできている所見)が
認められた。術後の化学療法は必要だろうと考えた。
 本人とご家族をお呼びして改めてお話する。奥さんとご長男
ご長女が同席した。「まずは手術後に無事に回復して良かった
です。まずはご苦労さまでした。」「有難うございます。」彼
は答えた。私は続けた。「手術で見える範囲の癌は取りきって
きましたが、顕微鏡の検査では癌は胃の壁は突き破っていな
かったのですが、郭清(手術でリンパ節を切除してくること)
したリンパ節は2群までがん細胞が入り込んでいました。また
顕微鏡の検査ではリンパ管や血管の中にがん細胞が入り込んで
きている所見が認められています。」「それはどういうこと
なのでしょうか?」「がん細胞がリンパ液の流れや血液の流れ
に乗って体中にばら撒かれた可能性があるということです。
 つまり今後再発する可能性があるということです。」
 「再発...ですか。」「こういうたとえ話とするとわかり易い
かもしれません。ここにドラム缶に入った産業廃棄物があると
します。これを取り除くにはドラム缶を退けてしまえば良い
わけです。ところがドラム缶に穴が開いて、廃棄物が空気中
や地中にばら撒かれてしまうと廃棄物は回収できなくなり
ますね。がん細胞も手術で取りきれる範囲内に留まっていれ
ば完全に体からがん細胞を取り除くことができます。早期の
癌が完治できるというのはそういうことなのです。これが
リンパ管や血管の中に癌が入り込んでリンパ液や血液の流れ
に乗って他のところにいってしまうと手術して大部分の癌細胞
は取り除けても、他のところに行ってしまっている可能性も
あるのです。眼で見える数ミリの転移したリンパ節に数億個
の癌細胞がすでにいるわけです。顕微鏡の検査で癌とわかるの
も1センチ立方に数千の癌細胞がいて癌とわかるかどうか。
 顕微鏡のスライドで細胞を見たことがあると思いますが
1スライスの一画面に数万の細胞がならんでいます。(100×
100が1万ですから..。)つまり顕微鏡の検査で陰性とでても
100%そこに癌細胞がないというのは不可能といえるのです。
しかしながら1個でも癌細胞が残っていればどこかで癌細胞は
増えてくるのです。よく癌は5年みて大丈夫なら治癒したと
いえるといわれますが、もともと癌が進行癌でしか見つけら
れなかった時代に5年生存できる人がどれ位いるかで治療効果
の評価をしようと5年生存率がその指標とされていることも
ありますが、5年経ってどこからも再発してこなければ最初の
時点で癌はすべて取り除かれていたと考えられるということ
なのです。つまり顕微鏡の検査の結果でさえも癌が体に残って
いるかは100%確実には言えない。5年経ってどこからも出て
こなければ最初の時点でとりきれていたのだと初めて分かる
のです。なぜなら1個でも残っていれば5年以内にどこかから
でてくるはずだと考えられるからです。」私は続けた。
(次回につづく)
スポンサーサイト
【2005/05/07 23:09】 花菖蒲 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<花菖蒲(5) | ホーム | 花菖蒲(3)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/66-eee74693
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。