Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
花菖蒲(13)
 手をかえ、品をかえ化学療法を試みる。幸いにも抗癌剤による
副作用は彼の場合それほどひどいものは起こらなかったが治療
効果ははかばかしくなかった。腫瘍マーカーを測定すれば必ず
上昇傾向にあったし、CTや超音波検査では肝臓の腫瘍は次第
に大きくなってきていた。それでも本人は比較的元気で食事
もできており苦痛らしい苦痛はないまま2月、3月、4月と経過
していった。本人は症状がないものの検査データが次第に悪化
しているのに不安はあったが抗癌剤の治療で少しでも病気の進行
を遅くできているのだからと自分を納得させて治療に臨んで
いた。家族と過ごせる最後の時間が出来る限り長く続けばと
私も祈っていた。だが病気は静かに彼の体を蝕み続けていった。
 5月中旬に彼は突然の背部痛と39度台の発熱に襲われ病院
に運び込まれた。救急担当の医師は左の腎盂腎炎と診断し
治療を開始した。腹部エコーでは左の水腎症(尿管(腎臓と
膀胱をつなぐ尿が通る管)がなんらかの原因でつまり腎臓で
つくられた尿を集める腎盂という部分に尿が溜まり腎臓が
腫れ上がってしまう状態)が認められた。CTでも左の水腎症
が認められた。外科管理の患者さんということで救急の先生
から呼ばれた。「左の水腎症ですね。それで腎盂腎炎を起こ
しているようです。右もCT上水腎になりかかっているようで
す。」「そうですね。可能性からすると後腹膜に転移があって
尿管を両側で食っている可能性が高そうですね。」「泌尿器
科に相談しようとも思ったのですが病気の大元は外科の病気
のようですし、先生に一応話しをもっていくのが筋かと思い
まして..。」「分かりました。外科での入院にして、泌尿器
科にこちらから相談しますので。」「いいですか?それじゃ
先生お願いします。」私は彼にところにいって話かけた。
「どうも。○○さん。今回は大分しんどそうですね。」
「いやいや参ったよ。急に寒気と痛みで動けなくなってし
まって..。とりあえず痛みだけでもなんとかしてもらいた
いね。」「わかりました。ところで今回の痛みの原因なの
ですが、どうやら左の尿管といっておしっこを通す管が
なんらかの原因でつまったようです。それで尿が腎臓に
欝滞して細菌感染を起こしたようです。抗生剤で治療を
始めますが、尿を逃がす道をつくってあげなくてはなら
ないと思います。泌尿器科の先生と相談して方針を決めさせて
いただきますので。」「わかったよ。先生にまかせるさ。」
 私は泌尿器科の先生に相談した。左に関しては感染を起こ
しておりなんらかのドレナージ処置が必要だと思われた。
 尿管に膀胱鏡を用いてステントという管を挿入するか
腎ろうといって皮膚から直接腎臓に管を挿入して尿を体外に
排出するかの2つの方法となるが、確実なドレナージ効果を
期待するのは腎ろうの方が良いだろうということになった。
(次回につづく)
スポンサーサイト
【2005/05/18 22:39】 花菖蒲 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<花菖蒲(14) | ホーム | 花菖蒲(12)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/75-5e1507ba
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。