Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
医者という仕事(2)
 病院というところは多くの人が息を引き取るところである。
 そして入院している人はやはり高齢者が多くなる。外科は
今は70代、80代が当たり前で最近では90代の手術も珍しく
なくなった。60代の方が来ると「若い!」と感じてしまう。
 彼らは明日の私たちの姿である。医療関係者ほど多くの
死に立ち会わなくてはならない仕事はないだろう。
 死の場面というのはその人の人生を集約したものである。
 「先生、長生きなんかするもんじゃないよ、親も兄弟も
夫もみんな死んじまって、子供もいないからだれも頼る
あてもない。友達も皆亡くなってしまって、本当に寂しい
よ。」といっていた80代の女性は肉親にだれも看取られる
ことなく病室で独りで亡くなった。ある企業の社長はその
病期の末期、入院しているとき家族は全く見舞いにこなか
った。意識が無くなり、血圧が下がり、尿の出が悪くなって
ここ数日が山というところで話をしようとしたら、突然
大勢の親戚が病院に押しかけ遺産の件があるのでこの日ま
では生かしてくれと迫られ癌の末期にもかかわらず人工呼
吸器につながれて死ななければならなかった。
 本当に彼は皆に愛されていたのだろうか?
 かと思えばある小さな商店主は友人や家族が日替わり
で訪れ、最後の時が訪れようとしたとき、多くの人に囲
まれて、奥さんに「あんた、本当にもう心配いらないか
ら、子供たちも皆一人前になったし、なんにも心配いら
ない。あんたが充分苦しんだのは近くでみていて充分わ
かったから。もう楽になっていいから。」と涙を流して
語りかけられながら亡くなっていった。
 色々な人々の死に様を見るとき、その人がどれだけ周り
の人たちを幸せにし、周りに愛されていたかがわかる。
 
 生活を豊かにするのにある程度のお金や権力は必要で
ある。しかしながらそれは道具にすぎない。墓の中まで
もっていくことはできない。人の死を看取ることで自分が
学んだことは、本当に大切なのはその人がどれだけ真摯に
自分自身と周りの人たちに向き合ってきたかということ
なのだという確信である。彼らの姿は明日の我々の姿で
ある。自分自身どう生きていくか考えられる様になった
ことは医者という仕事について良かったと思えることの
一つである。
スポンサーサイト
【2005/02/27 20:50】 医者という仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<不条理な結末(1) | ホーム | 医者という仕事(1)>>
コメント
本当に そのとおりです。
私も たくさんの患者さんから そのことを学び
1日1日を悔いのないように生きていこうと思っています。
終幕の時には 観客の心に暖かいものを 残したいですもの。
【2005/09/13 21:19】 URL | BEYONCE5N #LRo3NfcI[ 編集]
BEYONCE5Nさんコメント有難うございました。

>1日1日を悔いのないように生きていこうと思っています。
終幕の時には 観客の心に暖かいものを 残したいですもの。

 お互いそうありたいものだと思いますね...。
 多忙な日常業務に忙殺されて本当に大事なものを見失わないように自分も気をつけていきたいと考えています。
 
 重ねてBEYONCE5Nさんコメント有難うございました。引き続き宜しくお願いいたします。
【2005/09/14 21:40】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/8-378cc49f
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。