Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
花菖蒲(23)
 昨日は患者さんの急変で帰れなくなり更新できませんでした。
 毎日、覗きにいらしている方々には突然更新できなくなると
心配かけてしまうようですいません。更新途絶えているときは
仕事が忙しいのかなと思っててくださいね。

 外来を終えたのち、昼食をとらずに病棟にあがる。すでに奥様
は到着されていた。昼になっても38度台の発熱はつづき、意識
状態も混濁したままであった。奥様をお呼びしお話する。
「実は今朝から発熱があり、意識状態が混濁してきています。
肝臓に転移した腫瘍が増大してきたか、胆汁が通る胆管という
管が腫瘍に食われたかで、胆汁の流出が悪くなり、黄疸がでて
きている状態です。多分、胆管炎をおこしてきています。肝臓
の機能自体もかなり低下してきており、肝臓での解毒作用の
低下で肝性昏睡という状態になっています。起こってきたこと
に関しては適切と思われる治療を開始していますが、治療に
反応してくれるかはなんともいえない状態です。」奥様は
言った。「かなり厳しいと考えた方がよいのでしょうか?」
 「治療に反応することに期待したいところですが、肝臓の
機能が著しく低下してきており楽観できない状態です。当然
急変もありえます。」「また急に悪くなりましたね。」
「もともと予備機能が低下してきていましたから、ちょっと
したことで大きく崩れる可能性はあったと思います。それで
一応確認しておかなくてはならないのでお聞きしますが、急
変時は人工呼吸器や心臓マッサージなどの蘇生処置はこの
ような終末期の方には行わないのが一般的ですが、その方向
でよろしいでしょうか?」「そうですね。それをやって病気
がよくなるわけじゃないし、本人を苦しめるだけですから..。
もう充分夫は頑張りましたから、苦しくないようにしていた
だければ結構です。」「わかりました。心不全や肺炎などで
一時的にここをしのげばよくなるという患者さんであれば
蘇生処置は行うのですが、癌の末期の方に蘇生処置をしても
患者さんを苦しめるだけであるということで尊厳死を言われ
る今時にそこまでする施設は殆どないですから。基本的には
点滴からの薬剤の治療、酸素投与などの本人の苦痛のない
治療は継続していきますので安心してください。」「それで
回復の見込みはどの程度でしょうか...。」私は答えに少し
悩んだ。多分、今の肝臓の酵素や黄疸の値をみるかぎり望み
は薄いような気がした。私は言った。「いまのところは何とも
いえないですね。慎重に経過をみさせていただきますので。
状態が大きく変わるようであればまたお話させていただき
ますので...。」奥様は私の意を察したのか、彼の状態を見て
それが妥当と思われたのか解らなかったが、子供達にも連絡
しこの日から彼に交代で24時間付き添うようになった。
(次回につづく)

 ちなみに明日も当直です。金曜日に元気残っていれば更新
する予定です。なかなか仕事の関係で不定期になっていしま
い申し訳ないです。私はお休みのときには掲示板への投稿や
コメントいれていただいたりして盛り上げていただければ幸
いです。もちろん今後も仕事の合間で許す限り更新していき
ますのでひきつづき宜しくお願いします。
スポンサーサイト
【2005/06/01 22:03】 花菖蒲 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<花菖蒲(24) | ホーム | 花菖蒲(22)>>
コメント
お疲れ様です。盛り上げにやってきました。更新はあせらず体調が戻ってからでいいですよ。後ろの掲示板の方も書いていらっしゃいましたが、みなさんそんなにせっかちじゃないし、先生のご多忙ぶりはわかっていると思いますよ!
私たち素人は、多分、お医者さんって外来が始まる15分前ぐらいに病院に来るものだと思っています。でもその前に回診とか書類の処理も行っていたりして、私たちの見えないところにまだまだたくさん仕事があるんですね。仕事が定時におわらない、というのはわかってきましたが、一日の始まりも場合によっては早められたり…っていうことがるんでしょうか?なんだか読めば読むほど大変なお仕事そうで、頭が下がります。
【2005/06/03 13:20】 URL | punipunipyonpyon #-[ 編集]
 punipunipyonpyonさんどうもいつもコメント有難うございます。そうですね、医者の仕事というのは病院によってもかなり違いますが、1日を午前と午後の2単位に分けると、月~金の5日間の10単位と土曜日の1単位と11単位あるわけですが、その殆ど大体、外来と検査(内視鏡など)、手術で埋まってしまいます。病棟単位は週1単位か2単位。それは外科の場合は包交(手術の傷の処置)当番で病棟中の手術患者さんの傷の処置で追われますし、今いる病院は救急科がないので各科ごとで救急当番(通常の時間帯にくる救急車に対応する医師当番)が割り当てられ、処置の途中に救急車に呼ばれるという状態になります。つまり昼間の時間帯は入院患者さんを落ち着いて診察する時間はないわけです。先生によって違いますが私の場合は7時に病院に行き、朝の外科のミーティングが始まる8時半までにすべての入院の受け持ち患者さんの診察と看護師への指示出しを終わらせておきます。8時半以降はいつ病棟に戻ってこれるかわからないからです。そして5時以降は症例検討会や会議などがあり(手術が長引くときはこれらはキャンセルしますが...。)それらか一段落して入院患者さんを病棟消灯前に夜回診するということで1日2回は最低入院患者さんに顔を見せるようにしています。ここで疑問に思いませんか?保険の診断書とか先生はいつ書くんだろう?他の病院への紹介状はいつ書いているんだろう?そのほかにも実は一般の方の知らない多量の書類があるのですが(退院したときに入院の経過を要約した書類を作成します。(入院時要約)手術の時には手術記録を書きます。取った検体を病理にだすのに標本整理をして病理標本の提出の伝票をおこします。あと月の初めには保険請求の詳記といって健康保険分の請求書につける治療内容の説明書をすべての入院患者さん分作成しなくてはなりません。他にも数え切れないほどの書類があります。)じつはこの書類を書く時間は全く単位としては保障されていません。それはすべての医療業務が終了したあとにこなすわけです。突発的に紹介状をよこせといわれて手術が終わって、標本整理を終えて、手術後患者を見てから真夜中に書いたというエピソードを書いたと思いますが(ブランド病院を求めて)こんな感じで結局夜は遅くなります。退院時はこのような書類が3つも4つも発生するので退院が重なると書類をこなすのが大変で泣きそうになります(泣)。でも日本の医者はこれを黙々とこなしているのですから困り者です。明らかに現場はマンパワー不足です。OECD Health Data 2004では日本の人口1000人当たりの医師数はOECD30カ国中27位の2.0人。医療費/GDP比は30カ国中18位の7.8%。これで世界最高の健康寿命と最低の乳児死亡率を維持し、皆保険制度で押し寄せる患者さんをこなしているのですから驚異的です。多くの医療事故はコスト不足と人員不足からきているものだと思うので、医者が身を粉にして働いて、高いパフォーマンスをだしてますます高いハードルをかけられてと自分で自分の首を絞めているだけのようで、医療事故をなくすためにもっと医療にお金と人を投入していかないとだめだろうなとは個人的には思っています。現場の人間としては多分、採算のとれないいまの保険診療報酬(殆どの公立病院、大学病院は赤字、私立病院も赤字がかなり多い。)と医師不足で病院は次々とつぶれていき、アクセスはどんどん悪くなっていくように思われます。ただでさえ少ない新人の医師たちも患者要求の高まりで訴訟リスクをおそれ産婦人科、小児科、外科などの志望者は激減していますので10年後の日本の医療水準はどうなるか不安です。すいません....長くなりました。ここら辺はまたどこかで書いてみたいとは思っています。

 punipunipyonpyonさんコメント有難うございました。引き続きよろしくお願いします。
【2005/06/03 22:30】 URL | nakano #-[ 編集]
お疲れのところ、親切な長いレスありがとうございました。でも驚きました。激務とは想像していましたが、それをはるかに上回る仕事量ですね。帰りも遅いのに、朝7時に病院に行くようにするなんて、病院の隣にでも住んでいない限り考えられません。何がそこまで駆り立てるのですか?人の命を預かっているという責任感からですか?先生のような方たちのおかげで医療が成り立っていると思い感謝するとともに、自分などまだまだだなと、一職業人としても心打たれました。
制度の不備なども加え、まだまだ私たちの知らないことがたくさんあります。先生にはブログでいろいろ教えてほしいですけど、でも休むときは休んでくださいね。更新飛び飛びでいいんですから…
【2005/06/04 02:16】 URL | punipunipyonpyon #-[ 編集]
punipunipyonpyonさんいつもコメントありがとうございます。そうですね..。何が駆り立てると言われるとちょっと困るのですが..。一つの集団心理といいましょうか...。周りも皆そんな感じで頑張っているのでそれが当たり前のような雰囲気があるのは事実でしょう。しかし傍目からみて驚かれるというのはちと異常な面があると考えるべきだとは思います。患者さんの前ではベストコンディションで本来望むよう心がけるべきで、当直明けの睡眠不足の医者が当直帯に入院した急患をそのまま緊急手術するのが日常というのはやはり考えるべき問題だとは思います。休むのも仕事の内と私は思います。しかしながら何十年も第一線の医者の労働環境は変わっていません。医者は休まず働くのが当然という雰囲気が現場にも患者さんの意識の中にもあるのかもしれません。個人的には少し度が過ぎた状況であると考えています。もちろん患者さんのために出来る限りのことはするつもりではいますが、過重労働は仕事の質を落とすのも事実です。ここら辺のバランス感覚が麻痺させられている部分があるのかもしれません...。少し怖いことでありますが...。

 コメント有難うございました。またよろしくおねがいします。
【2005/06/05 22:11】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/85-32508956
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。