Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
つかめない藁(6)
 外来を終えたときには手術の入室時間がせまっていた。急いで
遅い昼食をかき込んだ。一旦、病棟に行き担当患者に大きな変
化がないのを確認したあと手術室に向かう。手術室の手前で入室
前の彼女に付き添う一団とすれ違った。その中には老いた彼女の
母親と父親がいた。私は軽く会釈しスタッフの更衣室に向か
った。背中から「がんばってね。」と彼女の母親が手術室の入り
口に入っていく彼女に声をかけた。「有難う。」彼女はしっか
りとした声で答えた..。

手術は予定どおり行われた。皮弁を形成し乳房を胸骨方向から
大胸筋筋膜ごと外側に反転していく。腫瘍がくいこんでいる大
胸筋の一部はこの際合併切除した。Rotterリンパ節を郭清し
長胸神経と胸背神経を温存し腋窩のリンパ節郭清を行う。
 腋窩のリンパ節はかなり腫れている感じであった。止血を
確認し、吸引できるドレーンを挿入した。腹部から皮膚全層
で皮膚の欠損部に皮膚移植を行い手術を終了した。進行度は
大体予想どおりであった。リンパ節への転移も結構あり再発
は必至かと思われた。手術終了後、彼女の実のご両親をお呼び
し説明する。「どうも本日はお疲れ様です。よく来てください
ましたね。」「時は経っていても、実の娘ですから...。今の
夫に話をしたら行ってやれといってくれました。娘の父親にも
連絡していっしょに行ってくれと連絡までしてくれて...。」
「もう全然連絡もなくて、私も娘にはかわいそうな思いをさせ
たと思っていましたから...。せめてもの罪滅ぼしですよ..。」
彼女の実の父親は言った。私は言った。「ところで手術の件で
すが、予定通りの手術になりました。腫瘍はこの病院にいら
した時には皮膚を突き破っていて右胸に大きな潰瘍を形成して
いました。今回はその腫瘍を切除するために大胸筋の一部を
けずりとる形で乳房切除を行っています。大きく皮膚が欠損
したのでお腹から皮膚を移植してきました。とったものは
こちらです。」切除した乳房をお見せするとお二人ともううっ
といううめき声をあげた。噴火口のような皮膚を突き破った
腫瘍を伴った切除乳房は病状を雄弁に説明していた。
 「切除はしましたが、今後再発の可能性はそれなりに高い
と考えられます。腫瘍のもっているホルモンレセプターを
調べて、それによって行う術後の治療を決定することになる
と思います。術後の経過を慎重にみさせていただきます。何か
あればご連絡いたしますので。」「そうですか。今日は本当
に有難うございました。」ご両親は丁寧にお礼をいった後
説明室から出て行った。かつての家族がそれぞれバラバラに
なりそれぞれの道を歩んでいった。娘の病気を聞いてやはり
なんといっても娘のことと親心が動いたのか..。20数年ぶり
の再会が娘の進行癌でなされたというのはなんとも皮肉めい
たことである。彼女が最大の親不孝(親より先に死んでしま
う事)をできるだけしないようにしっかり治療していかなく
てはならないなとふと私は思った。
(次回につづく)
スポンサーサイト
【2005/06/13 23:52】 つかめない藁 | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<つかめない藁(7) | ホーム | つかめない藁(5)>>
コメント
 お疲れ様です。
 テクニックが必要とはいえ、手術自体はただの労働だと考えますが、命を預っているという精神的ハンディキャップの重さは想像しかねます。
 少し重い内容なので、コメントもしづらく、それゆえ書いていても反響の状況が見えないかと存じますが、ちゃんと読ませていただいております。具体的記述が多いのでそばにいるような臨場感があって読みやすいです。
 心のケアとして先生にとってもこのブログは有効かと存じます。負担にならない程度で更新していってください。人気ブログクリック毎日応援しています。もっと読まれてしかるべきです。
【2005/06/14 00:29】 URL | YCAT #-[ 編集]
先生お疲れ様でした。彼女のご両親もやはり見えたのですね。20年ぶりの対面が病室とは・・・でも、この病気にならなかったら、きっと会う機会は訪れていないような気がします。
彼女の進行癌も楽観できない状況なのですね!まぁ彼女の病気を怖さを恐れたことで・・・仕方ないことですね!でも、先生はちゃんと20年ぶりの親子を引き合わせたのだからすごいです。後は、先生の進行を止める抗がん剤治療と彼女が親の顔を見て・・・自分は一人じゃないと懸命に生きる力を出してくれるといいですよね!
また、立ち寄りますね!
先生もご自愛なさって下さい!
【2005/06/14 04:55】 URL | 村田とし #A54BUlig[ 編集]
今日は久しぶりに雨が降りました。文句を言う同僚を知ってか知らずか、カエルの嬉しそうなコーラスが聞こえてきて、心和みました。
雨もまた楽し・・・と、カエルから・和み・のおすそ分けをいただいたようです。

リハビリが大変そうな手術ですね。今ではできる限り乳房を温存すると言う手術が主流のようで、多くの女性がその恩恵にあずかっていると思います。
一昔前に手術を受けた母、腕を上げることがこんなに大変だったとは・・・と、痛みに耐えつつリハビリに励んでいた事を思い出しました。傷の痛みに耐え、心の痛みに耐え、今では元気いっぱい家事や仕事をこなし、外出も楽しんでいます。が、あまり無理をせずにいてほしいものです。

これから暑くなる季節
nakano先生も、お体には十分お気をつけください。
【2005/06/15 19:15】 URL | ふな #-[ 編集]
某巨大掲示板よりやってきました。淡々と記された事実に目が眩むような気持ちです。
【2005/06/15 21:06】 URL | elma #-[ 編集]
 皆様コメント有難うございました。仕事の合間に今までにみさせていただいた患者さんのなかで心に残った患者さんのエピソードを思うがままにつづらせていただいています。小生のつたないブログが多くの方々の楽しみとなってきてるようで身のひきしまる思いです。特に病気で悩まされている方も読んでくださっているようで光栄に思っています。ここのところ仕事が忙しく更新がままならない日もありますがひきつづき皆様のご期待にそえますよう努力していきたいと思いますので引き続きご高配のほどお願いいたします。重ねてYCATさん、 村田さん、ふなさん、elmaさんコメント有難うございました。
【2005/06/16 00:25】 URL | nakano #-[ 編集]
はじめまして、私は現在研修中の医師です。先生のように患者さんと向き合っていける医者を目指しています。腫瘍を専門としてやっていきたいと考えているのですが、外科医の世界は厳しいと聞きます。先生は、どのようにしてこの道を選ばれたのでしょうか。これからもがんばってください。ちょくちょく拝見に来ますね。
【2005/06/17 03:29】 URL | student #-[ 編集]
 studentさんコメント有難うございました。

>先生のように患者さんと向き合っていける医者を目指しています。

 非常に光栄です。少し照れますが..。でも普通にやっていれば私程度にはなれますから大丈夫ですよ。医者は患者さんと選べません。本当に色々な人が来ます。ホームレスからどこかの会社の社長、極道の人..。飲み屋でも暴力行為があれば出入り禁止にできますが、病院はどんな人も拒否できません。寂しくなって救急車で病院にきてしまう高齢者もいます。医者は世間知らずだというのが一般の方のイメージかもしれませんが、ある意味、どんな人とも対応できる力を要求される職場ですから、それなりの対応力は必要とされますし、力も次第についてきます。

>腫瘍を専門としてやっていきたいと考えているのですが、外科医の世界は厳しいと聞きます。先生は、どのようにしてこの道を選ばれたのでしょうか。

 外科に限らず、今は一線の病院のメジャー科はどこも厳しいと思います。診療報酬はどんどん下げられコストがかけられなくなっている一方で患者さんの要求は日々高まっていて、訴訟リスクも高まってきています。ここ数年は厳しい時代がつづくことでしょう。先生も結構大変な時期に医師になってしまったのかもしれません。先生の今の熱い思いが生かされるような状況に改善されることを祈るばかりです。(すいません。いきなり希望を打ち砕くようなコメントで...。)
 私は消化器が好きだったので、内科と外科がオーバーラップするところが多いこの分野では出来ることが多い外科医になろうと思って外科医になりました。基本的には自分が本当に好きになれそうなものは何かを考えて決めました。好きなものが対象なら多少つらくても頑張れるかなと思ったわけです。

 student先生が立派な医師になられることを願っております。重ねてコメント有難うございました。
【2005/06/18 23:44】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/93-5b530b32
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。