FC2ブログ
ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つかめない藁(8)
病理結果ではエストロゲンレセプターもプロゲステロンレセプ
ターも陽性であった。HER-2遺伝子は陰性。(これが陽性だと
ハーセプチンという薬が使用できる。)大きさは10cm以上でリ
ンパ節も8つ陽性であった。皮膚への広範な浸潤がありstageは
Ⅲbと考えられた。
 彼女はまだ閉経前であった。閉経前ではあまりホルモン療法
はきかないとは言われている。一説には化学療法を阻害する
可能性も言われているが一応腫瘍に感受性があると考えて化
学療法と併用することとした。
 今のところ腫瘍の大きさのわりにははっきりした遠隔転移は
認められなかったこともあり、一応は局所も見える範囲はとれ
ていると判断し術後の化学療法としてはCMF療法を選択した。
 CMF療法(シクロフォスファミド、メトトレキセート、
5フルオロウラシルの3剤併用療法)は古典的ではあるが、術
後の補助化学療法として大規模比較試験で効果が評価されて
いることと、術後化学療法をしているにもかかわらず今後再
発してきたときにタキソールやゼローダなど他の系列の薬剤
に変更しやすいだろうという目論見もあった。(ここら辺の
薬の使い方は先生によって考え方が違うので議論が分かれる
ところではあるが、一般病院での治療としては常識的な治療
である。)リハビリもすすみ、すこし肩から脇のあたりの痛
みはあるものの順調に回復し、落ち着いてきたところで彼女
に今後の治療についてお話することにした。
「○○さん。手術から大分回復してきたから今後の治療の
ことについてお話したいんだけど..。」「今後の治療です
か?手術がおわって皮膚の潰瘍はとれたのに治療がまだ
必要なんですか?」私は一瞬戸惑った。病気に関しては
術前にも詳しく説明し、間違いなく術後に抗癌剤での治療
が必要になる旨お話してあったはずなのだが...。だがたま
にこのような患者さんに出会うことがある。一種の精神的
な自己防衛が働くのか、以前に癌とお話したはずなのに
「私の病気は癌ではなかったでしょう。」と後日言われる
患者さんもたまにいらっしゃるのだ。私はつづけた。「ええ
右の乳房の腫瘍をとらせていただきましたが、やはり結構
進行していたものなので再発をふせぐために薬での治療が
必要なんです。ご両親にも一緒にお話させていただきたいん
ですけどよろしいですよね?」彼女は言った。「うちの両親
には説明しなくていいですよ....。」私は再度彼女の反応に
とまどった。
(次回につづく)

 どうも受け持ち患者さんで状態が悪い方がいてここのところ
落ち着いてアップできなくて申し訳ありません。昨日もアップ
のあと呼び出しがあって少し寝不足気味です。明日は当直なの
で今日は早めに仕事を切り上げて帰ってきました。ということ
で明日のアップはお休みです。土日また時間かけて文章作成で
きると思うので週末楽しみにしてくださいね。今晩も呼ばれな
いように祈りながらお先に休ませていただきます。引き続き
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

今日は早く帰れたのですね。けど、明日は当直・・・
今夜なゆっくり休めるといいですね。呼び出されないことを祈りつつ・・・

患者さん、一筋縄ではないいかなかったのですね。様々な症状だけではなく、患者さんにも合わせた治療をするというのは大変な事と思います。

私は機械相手なので、こちらが一生懸命メンテナンスしてやれば機嫌よく動いてくれるので素直なものです。
けど今夜だけは機械が機嫌よく動いてくれることを祈りつつ・・・必要なデータがそろえば、月末は花菖蒲を見に行けるはず。そのためにも、もうひと頑張り。

では、nakano先生、良い夢を・・・
ふな | URL | 2005/06/16/Thu 23:34 [編集]
受け持ち患者さん良くなるといいですね。そして先生もゆっくり休めるようになるように..
私はPCが調子悪く明日から1週間ほど「入院」させることになりました。今は携帯から書いています。水蓮のテンプレートのページが見られないのはちょっと寂しいです。
今晩は先生が呼び出されないように祈ってますね!当直も無事に終わりますように!
punipunipyonpyon | URL | 2005/06/17/Fri 00:27 [編集]
毎回拝読させて頂いておりますが、今回は自分自身とオーバーラップしてしまい、これまで以上に気になります。
 私も独身の乳がん患者。手術の際に家族の立会いを主治医より求められ、友人ではいけないのかと思いました。両親が離婚している訳ではないですが、高齢でもあるし、出来る事なら知られずにいたいという思いがありました。
 がんに罹患して初めて知る健康のありがたさ、そして、医療関係の皆さんの大変な事。感謝の念は一言では言い表せません。治療はまだまだ続きます。信頼出来る主治医と巡り会えた事を不幸中の幸いと思っています。
 中野先生も多くの患者さんに慕われ、信頼されている事と思います。お忙しい事と思いますが、どうぞご自愛下さい。
 ありがとうございます。
 
め~ぐ | URL | 2005/06/18/Sat 19:51 [編集]
 ふなさん、punipunipyonpyonさん、め~ぐさん。コメント有難うございました。

 ふなさん、punipunipyonpyonさん。いつも暖かい励ましのコメント有難うございます。疲れきっていて更新するのがつらいこともありますが、応援していただき続ける気力がわいてきます。今後とも暖かく見守っていただければ幸いです。昨日の当直はすこしきつかったですがなんとか元気をだして今日も更新できました。

め~ぐさん。治療大変なことと思います。ご家族に頼れない状況での闘病の困難さは想像にかたくありません。乳癌は息の長い病気で10年の観察期間が必要だと言われています。治療も長期間にわたりますが息切れしないようにうまく気分転換もされながら乗り切っていただければと思います。信頼できる医師に出会えて本当に良かったです。

 皆様重ねてコメント有難うございました。引き続きよろしくお願いいたします。
nakano | URL | 2005/06/19/Sun 00:19 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

フルオロウラシルのマメ知識
フルオロウラシルフルオロウラシル(Fluorouracil、化学式C4H3N2O2F、分子量130.10)は代謝拮抗薬で、主要な抗がん剤のひとつ。ウラシルの5位水素がフッ素に置き換わった構造をしている。商品名は5-FU(ファイブ・エフユー)。CAS登録番号は51-21-8。主に消化器系癌、皮膚癌(外 [続きを読む]
医薬品のマメ知識 2007/02/20/Tue 04:36
Copyright © 藪医者の独り言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。