Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
つかめない藁(9)
 彼女なりに複雑な家庭事情から気を使っていたのは確かで
あったのだと思う。父親も母親も高齢になってきていたし、そ
れぞれ別の家庭を持っているのだから気兼ねするなと言う方
が無理であろう。父親も母親も個別には娘である彼女を思わ
ない日はなかったという。むしろ負い目を感じていたし、彼女
を娘として愛していた。多分、頼めばすぐ都合をつけてくれる
だろうと思われたが、それぞれが持つ、新たな家族にどう思わ
れるか、そして別れた両親が娘の前では表には出さないが、一度
はいがみ合って別れているわけで、互いにお互いをどう思って
いるかは計り知れないことではあった。彼女としては父親と
母親を一緒にいさせるのも酷ではないかと考えていたようだ。
 だからといって一方だけに相談するというのも角がたつ。
 だったら一人で解決する方がいいと思ったのは理解できること
ではあった。だが、こちらの立場とすれば今後色々病状が変わ
ってくること(再発)の可能性は高いし、やはり抗癌剤の治療
を行うのであるからご家族への説明はしておきたかった。
 「○○さん。ご家族の事情はそれなりにご理解できますが.。
病状が病状でありますし、やはり薬での治療のことについて
ご説明させていただいた方がいいと思います。」「先生。私は
高校卒業して母親の元をでてから親はもういないものと思って
やってきました。正直、勝手ばかりやってと思って憎いと思
っていたこともあります。病気になっても頼るつもりもなか
った。私が手術だと聞いたって、もう別の家族もいる2人だし
来てくれる訳なんてないと思っていたんです。でも20数年間
親としてずっと心配してくれていたっていうんですよ。2人
とも私が許してくれるとは思っていない。でも私にどう思われ
ようとやはり娘の手術の時、娘の一大事のときに側にいない
わけにはいかない。だから付き添わせてくれって手術の時に
きてくれたんです。さんざん傷つけあった2人が....。一緒に
いずらかったであろう2人がですよ..。私は本当に馬鹿だった
なって思ったんです。どうしてこんな時にならなくては両親
を許せなかったんだろうって。父も、母も成り行きで結果
こんな風になってしまったけど私の事を思っていてくれた
なんて...。私の方が申し訳ないって思ったんです。父も、母も
それぞれの家族があります。高齢ですしこれ以上迷惑はかけ
られません。手術の後に先生に薬は使うことになるだろうと
いう話は聞いたと言ってましたから、私から連絡すればいい
ですよね...。」私は少し悩んで言った。「わかりました。
抗癌剤の治療に関してはご本人だけにご説明します。でも今後
病状が変わってきてご説明が必要と思われる状況になった
場合はご両親にも相談させていただきますのでご了承下さい。」
 彼女はしばらく考えて言った。「わかりました。」
(次回につづく)
スポンサーサイト
【2005/06/18 22:20】 つかめない藁 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<つかめない藁(10) | ホーム | つかめない藁(8)>>
コメント
はじめまして先生。
私、この彼女の気持ちが
すごくわかります。親には心配掛けたくないしそれでいて複雑な気持ちもある。
なんとか一人で乗り切りたいと私も思いました。
でも病院側としては家族とともに
乗り切って欲しいと希望するようですね。
【2005/06/19 07:38】 URL | pansy #Q8g.qPyM[ 編集]
なかなか微妙な問題です。 そういうことに煩わされず治療に専念できたら一番良いのですが...。 同居の家族でしたら良くも悪くも巻き込んでいかざるを得ませんし、多少行き違いがあっても、訂正する機会もあると思いますが、そうでない身内の場合は、親身になってくれる分だけ患者の重荷にもなりやすく、ややこしいものだと思います。 
それにしても、そこまでお医者さんが配慮してくださるのはありがたいことです。 割り切って介入しないという道もあるでしょうから。
【2005/06/19 15:47】 URL | 葉っぱ #fN5mFeRs[ 編集]
pancyさん、葉っぱさんコメント有難うございました。

>なんとか一人で乗り切りたいと私も思いました。
でも病院側としては家族とともに乗り切って欲しいと希望するようですね。

 それもあるのですが、一番はもしなんらかの急変があって本人が意識をなくしてしまう事態になってしまった場合に方針をご相談できる人がいないというのは非常に問題になるからです。特にこのような病気の場合、病気の進行に伴い、一人暮らしが不可能になってきたり、重要な場面で本人の判断能力が失われている場合やはりご家族の許可なしに治療をすすめるのは問題があると考えられるからです。手術に関していえばまず一般の消化器の手術では術中死というのは殆どないですが、全身麻酔中に心筋梗塞をおこして心停止などという事態が全くおこらないとはいえないのです。不測の事態がおこりうるのが医療現場である以上、本人がなんらかの原因で意識を失うような事態になったときにご家族に判断をあおげるようにするという意味合いが大きいと思います。もちろんご家族と力をあわせて病気を乗り越えていただくのが最もいいのですが..。

 pansyさん。ご病気大変だと思います。そんな中コメントいただき有難うございました。葉っぱさんも貴重なご意見有難うございました。引き続き遊びにいらしてくださいね。コメントも楽しみにしております。

【2005/06/19 20:02】 URL | nakano #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nakano2005.blog5.fc2.com/tb.php/96-c07d817a
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。