Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
桜(3)
 3日後にでた生検結果はやはり悪性であった。低分化型癌で
あった。腹部、骨盤CT上は転移病巣やリンパ節の腫脹もなく
手術で根治が可能のようであった。結果としては上部消化管
内視鏡をやっておいてよかったのだ。ここで見つからず1年
も放置すれば新たな転移が出現して手術を困難にさせたかも
しれない。胆嚢の手術をしてもらったのに、胃癌は見逃されて
手遅れになったとなれば患者も医者も不幸である。今の時期
なら手術で充分根治できるし、彼は幸運だったといえる。症
状がなくても偶然に治癒が望める時期に見つかったのだから。
(もちろん内視鏡で切除できる内に見つかればなお良かった
のではあるが..。)
 私はご家族をお呼びし今後の方針につきお話することとした。
 「胆嚢炎のための入院で、胆嚢の手術を考えていましたが
胃カメラさせていただいたところ胃の出口に近い部位に潰瘍
が認められました。良性の潰瘍かとも思ったのですが、少し
汚い感じがあり悪性の可能性を考えて組織を取らせていただ
きました。あまりいい知らせではないですが、取った組織の
中に悪性の細胞が認められます。」
 「それは癌ということですか?」彼は不安そうに問いかけた。
 「その通りです。」私は答えた。まだ彼は若い。現実的に
は受け止めずらいだろうと思われた。私は続けた「しかしな
がら癌という病名をそんなに恐れる必要はありません。CT
や超音波の検査では他に病気が飛んでいっている様子はな
いですし、手術で充分治療が可能だと思いますよ。むしろ
治療が充分可能な時期に見つかったという意味では良かった
と考えていただいた方がいいと思います。早期であれば癌と
いう病気は充分治療可能です。取った組織の結果は未分化型
癌で、後1年も放置していたら手遅れになっていた可能性も
あります。お若いですし手術にも充分耐えられると思いま
す。」実際、彼よりもずっと治療に苦慮する患者さんも多
いのだ。「手術は胃の下3分の2を取る手術になります。胆嚢
も同時に切除します。」つづけて手術で起こりうる合併症に
就いて説明を行った。一通りの説明を終えて私は彼に言った。
「説明は以上です。なにかお聞きしたいことがありますか?」
 彼はすこし黙ってから静かに話し始めた。
(次回につづく)
【2005/04/11 23:01】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
桜(2)
 どうも昨日は当直でアップできずすいませんでした。
 まだインフルエンザがパラパラきますが大分流行もおさま
ってきたようです。昨日は軽い外傷が多く、傷の縫合が
結構ありました。脳梗塞、心不全の人を入院させて内科に
申し送って..。それなりに忙しかったです。

 幸いにも胆嚢炎は禁食、点滴と抗生剤投与にて改善した。
 腹部CT、MRCPでも、石は胆嚢だけで胆管にはなさそうだった。
 これなら腹腔鏡下での胆嚢摘出で切除すれば治療は終了に
できそうだなと思っていた。(胆石だけでは無症状なら手術の
適応にはならないが、胆嚢炎を起こすようなものは胆嚢摘出
術の適応になる。)念のために行った胃カメラまでは。
 腹痛の原因は胆石症であるのは殆ど間違いなさそうであった
が胃潰瘍や胃炎があるかもしれないのであくまでも除外診断
の目的での上部消化管内視鏡であった。
 彼の内視鏡を行っていた私は胃の前庭部(胃の出口に近い
部分)に浅い潰瘍性の病変を認めた。ただの潰瘍にしては
少し辺縁が汚い感じがあったためその部位の生検(組織を
とって顕微鏡で見る検査)を行った。検査終了後、私は彼に
いった。「胃の下の方に潰瘍があります。良性のものでよいと
思いますが、なんとなく辺縁がぎざぎざした感じで悪性も
全くは否定できません。組織の検査の結果がでるまで胆嚢
の手術は延期にしたいと思います。」「それはどういうこと
でしょう。」「もし、胃のこの部分が悪性のものとすれば
潰瘍性のものであることと大きさからは内視鏡での切除は
難しいと思います。もちろん内視鏡の専門の先生にも相談
するつもりですが。すると胃は手術が必要になることに
なります。」「一体どれ位入院してればいいんですか?
手術はいつになるんですか?」彼の言葉には不安といらいら
が混在していた。「いずれにしてもこの部分が良性か悪性か
で方針が変わりますので...。またご家族を後日お呼びして
一緒にお話いたしますので...。」

 その日、内視鏡のフィルムを検査室から借り、消化器内科
の先生に相談しにいった。「どうでしょう。まだ生検の結果
が出ていないのですが、見た感じは悪性に思えます。悪性と
して内視鏡での切除は可能でしょうか?」胃切除術なら入院
は術後順調にいっても3週間前後はかかる。内視鏡で切除でき
れば1週間程度ですむし患者さんの負担も少ない。だが、取り
残せば再発の危険がある。若い患者さんであるから確実に
治療を行わなくてはならない。相談した内科の先生はゆっくり
フィルムを見ながら答えた。「そうですね、先生のおっし
ゃるとおり悪いものだと思います。見た感じはSM massiveから
MPにかかっていそうです。少し広さもあるし、悪性なら手術
の方がいいでしょうね。お力になれず、すいませんが...。」
「そうですか..。お忙しいところ時間を割いていただいて
有難うございました...。」
 今後の方針につき本人とご家族との話し合いの場をつくり
治療方針をきめなくてはならない。
(次回につづく)
【2005/04/10 20:43】 | トラックバック(0) | コメント(2) |
桜(1)
 30代の男性が上腹部痛で救急外来にやってきた。右のわき腹
からみぞおちのあたりを痛がり、右の側胸部を叩くと響くと
いう。体温は38度あった。「胆嚢炎かな。」と思った私は
血液検査で肝、胆道系の酵素が上昇しているのを確認し、
超音波で腫大した胆嚢と胆嚢内の胆石があるのを確認し
本人と付き添っていた家族に告げた。「多分、胆石症に伴う
胆嚢炎と胆管炎でしょう。胆管に石が落ちている可能性も
あります。とりあえず食事をとめて、点滴を行い、注射で
抗生剤を使用し今日は経過を見ますが、経過によっては
なんらかの胆管のドレナージ処置が必要になるかもしれま
せん。状況に応じてまたご説明いたします。」「今日、
入院でなくてはだめでしょうか?」「今の痛みと熱では
家でみるのは難しいと思いますが..。お仕事もあるでし
ょうが入院の方が好ましいと考えます。」「そうですか
わかりました....。」
 炎症がおさまったら胆嚢の摘出はしなくてはならない
だろうなと私は考えていた。

 今日は帰りが遅かったのでぎりぎりの日付変更前の
アップです。明日は当直なのでお休みさせていただきます。
 引き続き宜しくお願いします。
【2005/04/08 23:56】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
←prev
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。