Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
百合の花(12)
 私は一瞬、しまったと思った。 「これは余計なことを...。
どうもすみません。」 だが、彼は穏やかに言った。「いいん
です。自分の中でも病気になってから考えていたことでは
あるんで....。私から言ったんです。彼女は怒ってました
けど...。正直、今の自分の状況を考えると彼女を幸せに
できる自信もないし、彼女の情に頼って一緒にいてもかえって
辛いような気もしましてね....。いずれにしても2年は結婚
待ったほうがいいだろうし、その間彼女を縛り付けるのも
気が引けますしね....。彼女は一緒に苦難を乗り越えればいい
といってくれましたけど、病気のことは先はわからないし
本当に彼女の事が大切だから、彼女の悲しむ顔をみるのが
辛いから今は別れたいと告げたんです.....。」彼は特に
感情的になることもなく淡々と話した。「とりあえず、化学
療法2年が無事に終わるまで一旦別れよう。その間、君が
いい人に出会えるのならそれでいい。2年経って、もし
まだいい相手がいなくて、自分の事を愛してくれることが
できるということならまた一緒になろうって言ったんです。」
「そうですか....。」「馬鹿!大事なことを勝手に自分で決め
ないで!一体、私のことをなんだと思っているの!って
散々言われました.....。自分の気持ちをなんとか説明しよう
としたんですが最後は喧嘩になってしまって...。勝手に
すればいいわ!貴方のことなんてしらないからっ!て言わ
れて、それっきりになってしまって....。ちょっと円満な
形ではなかったけど彼女にとってはこれでよかったんじゃ
ないかって自分では納得しています。まあ、もう少し彼女
を傷つけないできちっと話し合えればよかったんですけど
.....。」しばらくの間、沈黙が流れた。
 私は言った。「色々大変でしょうが、病気に対しての治療
は続けていきましょう.....。余計なことかもしれないと
は思いますが、なにも別れなくてもよかったのではないで
すか?そんなに頑なに考えなくても....。これから病気と
付き合っていくのは長丁場ですから....。彼女と一緒に
いて悪いことはないと思いますよ....。一度は夫婦になる
ことを決めた仲なのですし、結婚は待つとしても結論を
急ぐ理由はないと思うんですが......。」彼は言った。
「先生、お気遣い有難うございます。でももう過ぎたこと
ですから.....。」彼はあくまでも冷静に受け答えをした。
 彼なりの彼女に対する精一杯の愛の形であったのだろう
が少し寂しい感じを覚えた。

(次回につづく)

 昨日は日当直でお休みいただきました。今日の手術も
まずまず問題なく終了して少し安堵しています。今日は
国会が大変なことになっているようですね....。
 今後とも宜しくお願いいたします。
【2005/08/08 23:25】 百合の花 | トラックバック(0) | コメント(3) |
百合の花(11)
 血液検査を行い、問題がないことを確認し治療を開始した。
 投薬を開始してしばらく軽度のけだるさと食欲の低下は
あったが、耐え難いものではなく退院するのに問題がない
ことを確認し投薬を始めて1週間程度で退院とした。この間
彼女は毎日見舞いにきていた。大切な時期での困難に対して
彼らは前向きに立ち向かっているように見えた。大きなトラ
ブルもなく予定通りの退院となった時、彼らは、百合の花を
看護婦詰所にもってきた。「どうも先生有難うございました。
これ彼女が好きな花なんです。お世話になったので病棟に
飾ってください。おかげでなんとか無事に退院となりまし
た。今後もいろいろ宜しくお願いします。」「どうもご苦
労さまでした。お花、素敵ですね。今後も大変だと思いま
すがこちらも出来る限りやらせていただきますので...。」
 退院の挨拶の後、彼は彼のご両親と彼女に付き添われて
家へ帰っていった。

 2週間後に彼は定期の予約受診日にやってきた。受診の
前に投薬の継続が可能か確認するために採血で血球の減少
がないかどうかと確認する。彼の採血の結果は特に問題
なく血球の減少は認められなかった。これなら問題なく
治療を継続できるなと私は考えながら彼を病室に呼び入
れた。
「どうも今日は。ご苦労さまです。この間で変わった
ことはないですか?」彼は言った。「特にかわったこと
はないです。手術後も順調ですね。食事も食べられてま
すし、排便も排ガスも順調です。痛いところもないですね。」
「わかりました。それでは腹部を診察したいのでベットの上
で横になっていただけますか?」「わかりました。」
 腹部所見を確認する。腸音も問題なく圧痛も認めない。
「大丈夫そうですね。」私は言った。彼に椅子に戻って
もらった後、私は言った。「採血のデータ上、血球の減少
は認められないので投薬の継続には問題はなさそうです。」
「よかったです。」「引き続き薬を処方させていただきます
ので...。次回受診は休薬後の3週間後でいいですよ。」
「わかりました。」「どうですかその後、仕事の方は?」
「専門性のある部署なので首にはならないで済んでます
けど、まだ完全に復調というわけにはいかないですね。
でもぼちぼちやっています。」「そうですか....。その後
結婚の方は話は進みそうなんですか?」私は特に悪気も
なく自然に彼に聞いたつもりだった。だが彼の返事はそ
の質問をした事を私に後悔させた。彼は静かに答えた。
「彼女とは別れました....。」

(次回につづく)

 昨日は手術後に別の癌の終末期の患者さんが亡くなったり
でバタバタして家に帰ったときには日付が変わってしまい
更新できませんでした。明日も日当直でブログお休みになり
ます。月曜日も大きな手述があるのでかなりきついとは思い
ますが、12時に間に合えば更新しようと思っています。
 ここのところ仕事が立て込んでいてなかなか自宅のパソコン
の前に座る時間がとれなくなってきていますが、なんとか
このブログは続けたいと思っていますので、更新が一時的に
途絶えても引き続き暖かく見守っていただければ幸いです。
【2005/08/06 22:50】 百合の花 | トラックバック(0) | コメント(3) |
百合の花(10)
 「治療としては5FU(ファイブエフユー)とLV(ロイコ
ボリン)の併用療法を考えています。所謂ホリナート・
テガフール・ウラシル療法といいまして2種類の経口の
抗癌剤を28日連続で内服し、一週間休薬し1クールと
します。つまり35日で1クールですね。これを繰り返し
て経過を見たいと思います。2年間継続し、再発がなけ
れば一旦中断し5年間再発がないかみていくことになり
ます。外来は投薬の開始直前と開始してから2週間のとこ
ろで採血して、血球減少などの大きな問題がないこと
を確認して内服を継続してもらうと言う形になります。」
 彼は言った。「治療は必要なんですよね...。でも治療
していても再発する可能性は全くないわけではないと.。」
 私は頷いていった。「そうですね。再発の可能性は
減らすことはできても0にすることはできません。
 いずれにしても5年間は経過をみないと治ったとはいえない
のです....。」彼は言った。「そうですよね.....。よく
わかりました。でも手術の経過も良かったですし、悪い
方に考えていても仕方がないですから。可能な治療を
受けさせてもらってできれば完治させたいものですね..。」
 「できれば私もそうしたいと考えています。本日の採血
では大きな問題はなかったので内服は明日から開始して
もらって、1週間くらい経過みて問題なければ一旦退院
にしたいと考えています。」彼はしっかりとした口調で
言った。「わかりました。よろしくお願いします....。」

(次回につづく)
【2005/08/04 23:33】 百合の花 | トラックバック(0) | コメント(0) |
←prev next→
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。