Hit数5000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →
こちら
Hit数10000超えました。皆様に感謝の気持ちをこめて記念にフラッシュ作成してみました。 →こちら
開設2年目になりました。これを機会に今の産科の危機に関してのフラッシュ作成しました。 →こちら

誤報(1)のエントリーは11月26日付けです。最初から読む方はカレンダーで11月までたどって26日をクリックすると誤報(1),(2)のエントリーに入れます。あとは順々に日にちをクリックしていってください。

(モデルにさせていただいた誤報事件に関しての2chの過去ログ保存していたものアップしました
医者板の過去ログ→こちら
ニュース速報+板の過去ログ→→こちら
この事件の理解の参考となれば幸いです。当時の記事などが引用されている部位もありますのでm3掲示板も閉鎖された今、資料として貴重なものとして保存してあります。)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
芝桜の咲く丘(17)
 「社長秘書の二宮さんに聞いたわよ。」薄暗いバーで詩織は幸助に言った。「あなた里美の調査報告書を一昨日、社長にもっていったんですって。」幸助はジントニックを1杯あおってから言った。「ああ、持っていったよ。」「いったいどんな報告書を提出したの?娘さんを孕ませた上、借金の形にだまくらかして温泉街に置き去りにしてきましたって正直に書いてもっていったわけ?」「嘘は書いてないよ。ただ駆け落ちしたのはある男ってことになっている。」「つまり相手はわからなかったと報告したということ?そんなのあなたと里美は入籍しているんだし、戸籍調べればすぐだれが相手かなんてわかることでしょう?」「ああ、社長が調べる気になればね。」「どういうこと?」「どうせ地獄耳の君のことさ。どんな報告書かなんてすぐわかるだろうがね。まあどうせ君はすぐわかることになるからここで話してもいいか。」「もったいぶらないでよ。」「報告書には今、里美が生んだ子供を育てている男の事も書かれている。里美が出産した後にわざわざ人の子を11年間も育てているお人よしの男さ。」「あきれた。それじゃ報告書を読むと.....。」「たぶん社長はその男が娘にひどい仕打ちをしたと勘違いする。」「あなた、里美にあんな仕打ちをしたうえ他の人にその責任を押し付けてほおっかむりするつもり?」「だから報告書には嘘は書いていないっていってるじゃないか。あくまでも俺の名前が載っていないだけさ。あとは社長が勝手に勘違いするだけのことで報告書自体には事実しか書いていないんだから。それにちょっと自分でしらべればわかることさ。報告書を勝手に勘違いして思い込みで報告書の不確定要素を調べようとしないのは自己責任さ。」「ひどい言い草ね。意図的にそう思い込むような報告書にしたくせに。」「意図的?それは心外ですなあ、光村さん。たまたまそんな風に読めるかもしれないっていうだけさ。それでそのお人よしの男なんだが。」「それは調べがついているのね。」「ああ、驚くとおもうよ。実は木下なんだ。」「木下さんが.......。」「ああ、奴は大学時代から里美にぞっこんだったからな。両親が交通事故で亡くなっているんだ。その保険金で里美の借金を払って引き取ったらしい。」「そう。木下さん。ずっと里美のこと....。」「馬鹿な男さ。人の女に余計な事してくれて.....。」「馬鹿かどうかしらないけどあなたみたいな下衆な人間とはくらべものにならないわ。」「それはひどい言い草だな。君だって元村常務にとりいってよろしくやっているんだ。下衆の程度なら俺とどっこいどっこいだろ。」「気分悪いわ。今日は帰るわ。ここのお代は私が払うから。」そういうと詩織は席を立った。
【2009/05/06 14:31】 芝桜の咲く丘 | トラックバック(0) | コメント(0) |
芝桜の咲く丘(16)
 「どうぞ入りたまえ。」吉男はドアのノックの音にそう答えた。「失礼します。」そう言って幸助が社長室に入ってきた。「待たせてすまなかったね。そこに座ってもらっていいかな。」「お気づかいなく、それでは失礼します。」そう言って幸助はソファーに座った。「それで、里美の件だがどうだったね。」「社長、残念ながら里美さんはお亡くなりになっています。」幸助の言葉に吉男は言葉を失った。重い沈黙の時間がしばらくその場を支配した。「里美が死んでいると?」「ええ、平成10年4月15日ですね。女の子のお子さんを生んだ時に亡くなられているようです。」「出産時に?」「ええ。」「それではその子はどうしているんだね。その、私の孫になるその子と、その父親は?」「行田市内に住んでいるようです。お孫さんの名前は木下幸美さん。11歳になります。今、小学校5年生ですね。父親の名は木下雅哉。うちの下請けの川越製作所の開発部門の技術者です。」「そんな近くに.......。」「ええ、細かいところは報告書をまた見ていただければと思います。」「そうか.......。その男と里美とはどんなきっかけで.....。」「筑駒大学でのサークルでいっしょだったようですね。お嬢さんが就職されたあと、社長からの見合い話に反抗されて駆け落ちをされています。」「それは知っている。その後はどうなったかだ。」「平成8年に入籍して男は事業を立ち上げた様ですが、事業は失敗して借金に追われていたようです。男は闇金にも借金していたようで、里美さんを平成9年8月に借金の形に北陸の山谷温泉に勤めさせたようです。」吉男はそれを聞いて顔を真赤にさせた。「温泉に売り飛ばされただと!」「ええ、木下は両親が交通事故で亡くなってその保険金で里美さんを引き戻しています。里美さんはその時には妊娠されていたようですね。」「つまり身ごもった娘を借金の形にしたと。」「たぶんそういうことです。お嬢さんは前置胎盤で出産には危険を伴ったようで、出産時には羊水塞栓を起こした.....。」「もういいっ!」吉男はいたたまれなくなり思わず叫んだ。少しおいて吉男は言った。「どなってしまってすまない。堀山君。つい興奮してしまった。少し一人にして欲しいんだ。今回の調査費の請求書はおいていってもらえるかな明日かならず振り込んでおくから。」吉男の言葉に幸助は言った。「心中お察しします。気にしないでください。それでは失礼します。」幸助は静かに席を立った。
【2009/05/05 09:59】 芝桜の咲く丘 | トラックバック(0) | コメント(0) |
芝桜の咲く丘(15)
 その日は空もきれいに晴れ上がった日だった。指定の駐車場に車を止め、羊山公園までのバスの中に3人はいた。「いや、やはりすごい人出ですね。」すし詰め状態のバスの中で京子は言った。「そうなんですよ。毎年こんな感じですね。道も結構渋滞しますしね。」雅哉は答えた。「今日は結構暖かいし、人出もすごいから京子さんもばてないようにしてね。」そう言って幸美は京子に微笑んだ。

 バス停から芝桜の丘までは少し距離がある。なだらかな上り坂をのぼっていくと丘の入り口の近くに出店が出店していた。臨時に設けられた受付で入園料を払って園の中に入っていくと鮮やかな芝桜が満開に丘一面に咲いていた。「これは見事ですね。幸美ちゃんのお母さんが好きでいらっしゃったのもわかるわ。」「そうでしょう。京子さん。私も好きなんだ。年によっては来たとき、まだ咲いていなかったり、枯れてきちゃっていたりすることもあるんだけど、今年はいい時期みたい。いままでで一番咲いている感じ。」「そうなのね、素敵だわ。」「2人ともこちらを向いて、写真とりますから。」雅哉の声に2人は振り向いた。人の流れにそってすすみ、時々写真をとって芝桜の丘を一通り回った後、丘を一望できる高台のベンチを確保して3人は座った。ペットボトルのジュースを飲んで一息ついたあと幸美は言った。「ちょっと私、花の近くで写真とってくるね、向こうからこっちの父さんと京子さんの写真もズームでとってくるから。」といって幸美が立った。「人が多いから気をつけてね。」京子が幸美に声をかける。「大丈夫、大丈夫。」そう言って幸美は京子に微笑むと京子に聞こえないように雅哉に耳打ちでささやいた。「お父さん、しっかりね。」雅哉はだまって軽く頷いた。「じゃ、いってくるよ。」そういって幸美は道を下りて行った。「幸美ちゃん、元気ですね。」「ええ、それだけが取り柄の娘ですから。」「いえ非常にしっかりしていますよ。時々関心させられます。」「そうですか、それを聞いたら幸美も喜びますよ。幸美も京子さんの事が好きだから。そして......。」「そして.....。どうされました。」「私もあなたの事が好きです。」雅哉の言葉に京子ははっとした表情を浮かべて雅哉を見た。京子は胸が高まり、少し自分の顔が赤らんだのを感じた。「私も、木村さん......。雅哉さんのことが好きです......。」京子の言葉に雅哉は少しほっとした表情を浮かべた。「京子さん。もしよければ、僕でよければいっしょになることを前提にお付き合いさせていただきたいんですが.......。幸美も京子さんならって言ってますし....。」雅哉の言葉に京子は言った。「雅哉さん。私はその言葉をずっと待っていました。私なんかでよければ喜んで..........。」京子の言葉を聞いて雅哉はやさしく京子の肩を抱いた。
【2009/05/04 22:08】 芝桜の咲く丘 | トラックバック(0) | コメント(0) |
←prev next→
藪医者の独り言


ここに記載されたエピソードは著者の体験をもとに構成したフィクションです。 このページはリンクフリーです。気に入ったら適当にリンクを貼っていただいて結構です。


CALENDER
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
掲示板(気軽に書き込みお願いします)
RECENT ENTRIES
  • 芝桜の咲く丘(23)(05/25)
  • 芝桜の咲く丘(22)(05/20)
  • 芝桜の咲く丘(21)(05/18)
  • 芝桜の咲く丘(20)(05/15)
  • 芝桜の咲く丘(19)(05/11)
  • RECENT COMMENTS
  • nakano(05/03)
  • (04/30)
  • nakano(04/13)
  • (04/13)
  • KITA(02/01)
  • nakano(05/31)
  • タマ(05/28)
  • RECENT TRACKBACKS
  • 健康、病気なし、医者いらず:医師の秘密漏示(05/03)
  • 健康食品の栄養事典:プロタミンとは(02/22)
  • 医薬品のマメ知識:フルオロウラシルのマメ知識(02/20)
  • 体が元気になるならない物質:プロタミン-体が元気になるならない物質(02/17)
  • オヤジの世界:雪中花(01/04)
  • ARCHIVES
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2007年07月 (6)
  • 2007年06月 (14)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (20)
  • 2007年03月 (19)
  • 2007年02月 (17)
  • 2007年01月 (22)
  • 2006年12月 (18)
  • 2006年11月 (14)
  • 2006年10月 (16)
  • 2006年09月 (15)
  • 2006年08月 (16)
  • 2006年07月 (13)
  • 2006年06月 (18)
  • 2006年05月 (19)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (21)
  • 2006年02月 (19)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (24)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (22)
  • 2005年08月 (17)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (22)
  • 2005年05月 (24)
  • 2005年04月 (25)
  • 2005年03月 (26)
  • 2005年02月 (9)
  • CATEGORY
  • 春風 (152)
  • 誤報 (135)
  • 管理人雑感 (11)
  • 帰れない老人達 (3)
  • 医者という仕事 (2)
  • 不条理な結末 (7)
  • ブランド病院を求めて (6)
  • 澄んだ青空 (5)
  • 3月の木漏れ日の中で (6)
  • 雨上がりの虹 (10)
  • 桜 (6)
  • 嘘 (14)
  • 花菖蒲 (25)
  • つかめない藁 (34)
  • 百合の花 (15)
  • 約束 (52)
  • 雪中花 (84)
  • 未分類 (1)
  • 芝桜の咲く丘 (20)
  • LINKS
  • ホームページ情報配信メールマガジン「INTERNET SEEK」
  • プログ リンク&人気ランキング
  • 人気blogランキング
  • SEARCH

    PROFILE
    nakano
  • Author:nakano
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。